アパレル販売員に求められる学歴

職業:アパレル販売員

173views

imasia_11152413_M_R

 

学歴はあまり関係ない

 アパレル販売員の転職においては、学歴はそれほど関係ありません。求人票に専門・短大卒以上と記載されていることもありますが、アパレル販売の経験が数年あれば、高校卒業以上の学歴ならば採用してもらえるメーカーも多いです。

 

 アパレル販売員は、学歴がなくても一般常識があり、きちんとした敬語を使うことができれば問題ありません。売上管理も業務内容に含まれますから、計算はある程度できたほうがいいですが、それよりも洋服が好きでアパレル販売に情熱を持っていることのほうが重視されます。

 

  • アパレル販売員の転職では、一般常識があれば学歴が低くても問題ない。

 

語学はできたほうが有利

 学歴はあまり関係ないですが、最近は外国人観光客も多く、お客様から英語を話せるスタッフがいるかどうかと尋ねられることもありますから、語学ができるととても有利です。特に、英語や中国語ができると重宝されます。

 

 ビジネス英会話ができる必要はありませんが、日常会話程度はできるといいです。転職するときに「TOEIC700点以上」といったように履歴書に書ける資格があると好印象につながります。もし学歴に自信がなければ、英会話教室に通ったり独学で勉強したりして語学を身につけておくと役に立つはずです。

 

  • 語学スキルがあるということを履歴書でアピールできると面接官の印象が良くなる。

 

ファッション関係の学校を出ていると採用されやすい

 学歴は採用にほとんど影響がありませんが、ファッション関係の学校を出ていると採用されやすいという傾向はあります。ファッション関係の学校の出身者は、洋服に関する基礎知識が既に身についていますから、お客様に商品に関する的確なアドバイスをすることができます。

 

 特に、ファッション関係の専門学校を卒業している人は洋服のつくりについても詳しいので、将来的にデザインやバイイングなどの仕事を任せられると期待するアパレルメーカーもあります。一般的には専門学校卒業というと学歴が低いと思われがちですが、アパレル業界においては、洋服に関する知識を持っていると判断してもらえることが多いです。

 

  • ファッション関係の専門学校や大学を卒業していると、洋服に対する知識があるので採用につながりやすい。

 

本記事は2016/01/06の情報で、内容はアパレル販売員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

アパレル販売員に関連する転職者の声

  1. IMG_5472-1 介護士からアパレル販売職へ転職!異業種への挑戦!
ページ上部へ移動する