アパレル販売員の転職と志望動機

職業:アパレル販売員

702views

imasia_6292516_M_R

 

志望動機はそのブランドが好きなことをアピール

 アパレル販売員の志望動機に必ず書きたいのは、そのブランドが好きだということです。販売員は、お客様に直接ブランドの良いところや服の良さをアピールするのが仕事です。また、毎日そのブランドの服を着て接客する販売員は、ブランドの顔ですから、まずそのブランドに愛情があり、自信を持ってお客様に商品を勧めることができなければいけません。

 

 ただし、ブランドが好きだというだけではなく、「好きだから、そのブランドの服をよりたくさんの人に着てもらいたい」という気持ちを伝えることが大切です。同じアパレル販売職で他社に転職する場合は、以前いたブランドを否定することはせず、働きたいブランドの良いところだけを書くようにしましょう。

 

  • 志望動機では、そのブランドが好きだということはもちろん、たくさんの人に着てもらいたいという気持ちをアピールする。

 

なぜそのブランドで働きたいと思ったのか

 応募するアパレルメーカーのブランドが好きということをアピールするときに、ブランドを好きになったきっかけや、働きたいと思うようになったきっかけも書くとよいです。

 

 たとえば、「実際にお店を訪れたときの販売員さんの接客に感動し、自分も同じように素晴らしい接客をしたいと思い志望しました」といったことや、「○○は常にトレンドをリードしていて、着ていると必ず素敵だねと褒められます。○○の服を着ると素敵な女性になれるということをもっとたくさんの人に知ってほしいと思い、志望しました」といったように、そのブランドで働きたいという気持ちを具体的に書くと好印象につながりやすいです。

 

 未経験の場合は、素直に自分の気持ちを書くことも大切ですが、そのブランドがどのような方向性のブランドかをきちんと把握し、共感した旨を書くようにしましょう。

 

  • なぜそのブランドで働きたいと思ったのかを具体例を挙げて記載する。

 

接客経験があればその旨を記載する

 販売員は、接客力が問われます。志望動機の欄でも自己PRの欄でもいいのですが、接客経験があれば書いたほうが書類選考に通りやすくなります。アパレル販売の経験があればいいのですが、もしなければ飲食店や家電量販店などの接客経験でも構いません。

 

 アパレル販売員は、一日に何十人という初対面のお客様の接客をします。多くの店では、自ら積極的に声掛けをし、お客様の希望を伺いながら似合いそうなコーディネートを提案していかなくてはいけません。ですから、コミュニケーション能力があり、接客が好きだということに人事はとても注目しています。ぜひ接客自体が好きだということはアピールしておきたいところです。

 

  • 接客経験があれば記載し、接客そのものが好きだということを伝える。

 

本記事は2016/01/05の情報で、内容はアパレル販売員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

アパレル販売員に関連する転職者の声

  1. IMG_5472-1 介護士からアパレル販売職へ転職!異業種への挑戦!
ページ上部へ移動する