アパレル販売員の求人事情

職業:アパレル販売員

220views

imasia_11574511_M_R

 

アパレル業界の中でも販売職は求人が豊富

 アパレル業界には、デザイナーやパタンナーなどの製作部門、生産管理や営業などの流通部門、販売部門など多数の職種がありますが、中でも求人が豊富なのが販売職です。一つのブランドにつき製作部門や流通部門に所属しているのは数人しかいませんが、販売職は十数人必要なため、求人も必然的に多くなります。店舗を全国展開しているブランドでは、さらに多くの販売員が必要ですから、通年販売員の募集をしているところもあります。

 

求人が多いのは入れ替わりが早いことも理由

 アパレル業界で販売職の求人が多いのは、販売員の入れ替わりが多いことも理由の一つです。アパレルブランドは年齢層によって洋服のテイストが大きく変わるため、販売員自身も年齢が上がれば適するブランドが変わってきます。販売員は店頭に立ってマネキンの代わりを務めることも仕事のうちですから、年齢や趣向が変われば働きたいと思うブランドにも変化が出ます。

 

 たとえば、20代前半の頃にはティーンブランドで働けたとしても、20代後半になるとティーンブランドの服を着て店頭に立ち、接客をすることに抵抗が出てくることがあります。そうすると、同じアパレルメーカーの中でOL向けのブランドに異動したり、他のアパレルメーカーに移って自分の年齢に合ったブランドで働きたいと思うようになります。そのため、同じブランドで長く働く販売員はあまり多くないのが現実です。

 

 また、販売員からバイヤーやプレス、マーチャンダイザーなど他の職種を目指す人が多いことも、販売員の定着率が低いことに繋がっています。

 

  • 店頭でマネキンの役割も果たす販売員は、年齢や趣向に合わせてブランドやアパレルメーカーを異動していくので定着率が低く、求人が多くなる。

 

アパレル販売の求人はアルバイトから正社員まで様々

 アパレル販売員の求人は、雇用形態がアルバイトから正社員まで多様です。正社員として働けるところももちろんありますし、最近は人手不足なこともあり、アルバイトやパートタイマーなど短時間勤務で働けるところも増えています。

 

 また、アパレル業界では夏と冬に大規模なセールを行います。そのシーズンは特に人手不足になりますので、派遣社員の求人も増えます。アルバイトやパート、派遣は安定しないからとマイナスイメージをもたれがちですが、何か資格を取るために時間を自由に使いたい人や子育て中の人にとっては、逆に働きやすい環境でもあります。たくさんある求人の中から自分に合った雇用形態を選べるのは、アパレル販売員のメリットです。

 

  • アパレル販売の雇用形態はアルバイトから正社員まで様々なので、自分の都合に合った求人を見つけやすい。

 

本記事は2016/01/05の情報で、内容はアパレル販売員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

アパレル販売員に関連する転職者の声

  1. IMG_5472-1 介護士からアパレル販売職へ転職!異業種への挑戦!
ページ上部へ移動する