トレーダーの独立

職業:トレーダー

93views

imasia_15467153_M_R

 

トレーダーの独立にはどのようなものがあるか

 トレーダーの独立には主に2つのパターンがあります。

 

 1つのパターンは正社員としてのトレーダーを辞めて、個人のスキルを持って勝負する歩合契約のトレーダーです。もう1つの独立パターンは、会社を作った上で投資家を募り資金を集め、その資金を運用するヘッジファンドなどを作るというものです。

 

 どちらも競争が激しく、また生活がマーケット環境など外部要因に左右されるので、安定して利益を出していくのは至難の業です。それでも伝説的な成功体験の話なども存在する世界ですので、多くの人が次々とチャレンジしています。

 

  • トレーダーとして独立するのは主に契約トレーダーとなるか、ヘッジファンドなどを立ち上げるかのどちらかである。

 

歩合契約のトレーダー

 歩合契約のトレーダーは契約を会社と結び自分の持ち分の資金で金融商品を売買してトレーディング利益を出すトレーダーです。

 

 どれくらいが自分の取り分になるかは契約次第ですが、儲けの数割程度が成功報酬として支払われます。働く時間帯は自分の担当マーケット次第で、深夜のマーケットを専門とするトレーダーもいます。雇用条件は交渉次第ですが、経験やスキルによって決められます。雇用期間の条件は通常3か月間連続で収益がマイナスになると契約打ち切りといったものがほとんどです。

 

 マーケットの環境が良くまた腕もよければ大幅な収入を見込める一方、安定的に収入を上げていくのは容易ではありませんので、ハイリスク、ハイリターンの仕事です。

 

  • 歩合契約トレーダーは会社の資金を元手に金融商品を売買してそのトレーディング収益の何割かを成功報酬として稼ぐトレーダー。

 

ヘッジファンドで独立

 会社を立ち上げて独立をする中で、最も人気があるのがヘッジファンドの設立です。

 

 ヘッジファンドは、運用経験のある元ファンドマネージャーなどが立ち上げるのが一般的ですが、中にはトレーディングによって収益を上げるヘッジファンドもあり、そのような運用手法のヘッジファンドの創業者は大体トレーダー出身者です。

 

 ヘッジファンドの設立と言えば多くの人の憧れでもあり、また億万長者になるのも夢ではありませんが、それほど生易しいものではありません。設立には多くの資金と知識が必要となります。そういったヘッジファンドの立ち上げを手伝うサービスなどもありますが、自身でしっかりしたビジネスモデルがないと立ち上げ後の運用は大変困難を伴います。

 

 また、運用資金を集めるのは至難の業です。独立後にうまくビジネスを軌道に乗せていくには、それまでに培った経験だけでなく、多くの人脈がものをいいます。将来独立の夢がある人は、そういった先を見越したネットワーク作りをしておくことが大切です。

 

  • ヘッジファンド設立は多くの資金と知識が必要。それまでに培った経験と人脈を大事に。

 

本記事は2016/01/15の情報で、内容はトレーダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する