トレーダーのヘッドハンティング

職業:トレーダー

193views

imasia_13908721_M_R

 

自分からのアプローチかハンターからのアプローチか

 トレーダーのヘッドハンティングは2パターンあります。

 

 自ら、ヘッドハンターにアプローチをして自分の希望通りの条件のところに売り込んでもらうケースと、ヘッドハンターがポジションの空席情報や人の入れ替えの話を仕入れてきて、ポジションに合いそうなトレーダーにコンタクトをとり、話を進めるケースがあります。

 

 ヘッドハンターが間に入っている場合、ある程度トレーダーがどのような経歴で、どのような人物なのかの話が伝わっているので、面接までは非常にスムーズです。

 

 しかし、ヘッドハンターと実際コンタクトがあるのはその部署の部長などの一人だけなので、面接からのプロセスはそれほどハードルが低いというわけではありません。大きな違いは書類審査での門前払いがなく、面接から入れるということです。

 

  • ヘッドハンターを通じて転職する場合は書類選考で落とされることはあまりなく、面接から入ることができる。

 

ヘッドハンティングのプロセス

 ヘッドハンターというのは、大抵が業界の出身者で以前自分が勤めていた時の人脈を活用してビジネスを行っています。ヘッドハンターは常に業界で評判のいい人材と空席を探して、その席を埋めることで手数料収入を得ています。

 

 報酬の形態は、紹介した人材の契約年収の何割かを雇用が決まった際に成功報酬として得ます。年収の高いポジションほど人材も少なく決めるのが難しいですが、成功した場合の報酬は高くなるという仕組みです。

 

 ヘッドハンターは、評判のいいトレーダーを見つけてターゲットとすると、その人の電話番号やメールを密かに調べてそのトレーダーに接触を図ります。最初のうちはトレーダーが転職に乗り気かどうかの探りを入れるだけで、企業側の情報をほとんど明かしません。トレーダーが条件に興味を示し転職の気持ちが確認できれば、その時点で企業名などを明かし面接に向けての調整が始まります。基本的には、すべてのプロセスが内密に進められます。

 

 会社によっては辞めてすぐの再就職を制限していたり、ボーナスをなどの給料の一部を先送りして将来受け取るようにしていたりと、ヘッドハンティング対策をしている場合がありますので、そういった条件に抵触しないかどうかをきちんと把握しておかなければなりません。さもなければ思わぬ規定違反を犯し、最悪の場合は新しい会社に転職できなくなってしまう場合もあります。

 

  • ヘッドハンティングを受けた際は、現在の会社に縛りがないかなど契約条件をきちんと確認してから契約をしないと、思わぬトラブルになることも

 

グループヘッドハンティング

 ヘッドハンティングは、必ずしも個人一人がされるものとは限りません。よくあるのが上司と部下などを含めた数人のチームごとヘッドハンティングを受けることもあります。

 

 このような場合は、大抵リーダーのところにヘッドハンターから話が行き、リーダーが部下を誘って同意した者が一斉に転職するというものです。人数などは移る側の企業との交渉で詳細を詰めます。

 

 このようなグループでヘッドハンティングに合う場合も、個人の場合と同様、会社との契約に抵触して後々にトラブルにならないように、気を付けなければなりません。

 

  • ヘッドハンティングには個人一人のものだけでなく、グループごと一斉に他社に移るというグループヘッドハンティングというものもある。

 

本記事は2016/01/15の情報で、内容はトレーダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する