トレーダーの適性(向き・不向き)

職業:トレーダー

137views

imasia_9114756_M_R

 

自分を客観視してコントロールできる能力

 トレーダーは自分をコントロールできる人が向いています。

 

 トレーダーという職は常に時間との戦いであり、また扱う金額も多額です。また、ミスを犯してもそれを取り戻すことが不可能な場合がほとんどで、大変ストレスの多い職業です。一方でミスを犯した場合にそれを隠したり勝手に取り戻そうとしたりということは決して許されません。このようなストレスの多い毎日を乗り切るには自分を客観視してコントロールできる能力が欠かせません。

 

 すぐに感情的になったり、まわりの騒然とした状況に振り回されたりするような人はトレーダーには向いていません。というのも、マーケットには様々な心動かされるニュースがあふれていますし、そうした多くの雑音に振り回されるとトレーディングにも大きな影響を与えます。

 

 トレーダーはそうしたことに心を逐一動かされることなく、また自分を失わずに今とるべき行動は何なのかを冷静に受け止めて行動することで、ミスを犯さず、ミスをさらなるミスにつなげないトレーディングができるのです。

 

  • 周りの雑音に感情的に振り回されるとトレーディングに影響が出るため、常に冷静に自分を失わずに行動できる人がトレーダーには向いている。

 

コミュニケーション能力

 トレーダーは多くの画面を黙々と眺めて一日中売買をし続けている、というようなイメージを持っている人も少なくないかもしれません。しかし、実際には取引の発注者や情報収集などのためにコミュニケーションをとることがとても大事です。

 

 コミュニケーションの欠如は、大きなミスにつながる可能性があります。日頃から発注者ときちんとコミュニケーションを取っておくことで、発注者からの信頼を得ることもでき、取引が円滑に進みます。

 

 また、セルサイドトレーダーは顧客との付き合いもありますので、きちんとしたビジネスマナーが必要です。顧客対応は営業など社内の他部署の同僚とも協力して行いますので、社内コミュニケーションも欠かせません。そうしたことが総合的にできて一人前のトレーダーと言えます。

 

  • トレーダーは顧客や同僚ときちんとコミュニケーションをとれてこそ一人前といえる。

 

情報とうまく付き合う

 トレーダーはマーケットにあふれる情報とうまく付き合うことが大事です。ありったけの情報を集めればいいということではありません。巷にあふれる情報に踊らされることなく、その中からどの情報が自分の担当するマーケットに影響を与える情報なのかをきちんと見分けることが大事です。

 

 また、情報を収集するだけではだめで、その情報をきちんと整理しそれを自分だけの情報としてとどめるのではなく、関係者にうまく伝えていかなければなりません。つまり情報におぼれるのではなく、うまくその情報を整頓しながら操っていくことが必要なのです。

 

 このようなトレーダーとしての能力がちょっとした経験で身についてしまう人もいれば、長い時間かけて習得する人もいるかもしれません。しかし、合わないといってすぐあきらめてしまわずに、トレーダーとして何を必要とされているかを先輩などにもアドバイスを求めながら自分なりに努力をしていくことが必要です。

 

  • 情報に踊らされずに自分でうまく操ることが大事。先輩などにアドバイスを求めながら努力をしよう。

 

本記事は2016/01/15の情報で、内容はトレーダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する