トレーダーになるには

職業:トレーダー

89views

imasia_17091388_M

 

トレーダーの学歴・職歴・年齢

 トレーダーの学歴は、近年徐々に高学歴化しつつあります。少なくとも大学卒業程度の学歴が必要となります。人によっては更に大学院に進んだり、一度金融機関で就職をしてから、その後アメリカに渡ってMBAを取ったりすることもあります。

 

 そういった意味でトレーダーという職業としての専門性はより進んでおり、関係のない他業種の分野からの転職はかなりハードルが高いと言えます。

 

 また、転職可能な年齢層はかなり若く、転職を考えるなら20代あたりまでに、少なくとも35歳くらいまでには考えておきたいものです。35歳を超えてくるとある程度の実力や経験が期待されるポジションになることがほとんどとなります。

 

  • トレーダーは徐々に高学歴化している。また転職可能な年齢層はかなり若い。

 

トレーダーになるのに重要なこと

 トレーダーになるために最も重要なことの一つが情報収集能力です。これは一日にして身につくものではありません。

 

 日々様々なニュースに目を通し、どのニュースがマーケットに重要なニュースであるかというのを、見極める力をつけなければなりません。

 

 また、ニュースのタイミングを見ることも大事です。そのニュースが今日のマーケットに影響を与えるのか、明日のマーケットに影響を与えるのか、あるいは海外のマーケットに影響を与えるのかなど、得た情報をどのように活用していくかもトレーダー次第です。トレーダーになるからにはそうした世間にあふれる情報に適切に対応していくようにならなければなりません。

 

 こうしたことは経験から徐々に身につくものですが、常にアンテナを高く持つという意気込みでいた方がよい傾向にあります。

 

  • 常日頃から情報収集能力を磨き、様々なニュースにアンテナを高く張っておくとよい。

 

トレーダーの人とのつながり

 トレーダーになるには、黙々と求人情報を見つけて応募していくということもできますが、一番有利なのは知人から情報を得たり、紹介してもらったりする方法です。

 

 金融機関は入社する際の人物チェックが非常に厳しいので、金融機関側にとってもできるだけ煩雑なプロセスを短縮できる紹介というのを、好むことが多いのが事実です。応募する側にとっても応募職に関しての情報を得ている方が雇用のミスマッチを防ぐことができます。

 

 もちろん他業種で勤務している場合は、そのような知人がいないという場合が多いかもしれません。しかし、知人の知人という関係もありうるわけですから、普段から人とのつながりを大切にしておくと、いざという時に役に立つかもしれません。

 

 全くそのような伝手がない場合は転職エージェントを活用するのもよいです。彼らの多くは元金融マンであったり、業界に深いつながりを持ったりしています。転職に関して様々な相談にも乗ってくれるのでどんどん活用するとよい傾向にあります。

 

  • 普段から人とのつながりを大切にしておくと、転職時に情報を得られたり紹介をしてもらったりと活用できる。

 

本記事は2016/01/15の情報で、内容はトレーダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する