銀行のトレーダーの求人

職業:トレーダー

224views

imasia_13660660_M

 

銀行のトレーダー

 銀行のトレーダーは主に通貨を銀行間取引市場(インターバンク)で取引する人たちです。

 

 基本的にマーケットで取引を成立させる役割を担っているのでトレーダーではありますが、この為替トレーダーを日本では一般的にディーラーと呼んでいます。

 

 株式や債券を扱う投資銀行部門があることもありますが、証券会社として商業銀行とは切り離されていることがほとんどです。

 

  • 銀行のトレーダーは通貨を取引し、一般的にディーラーと呼ばれる

 

ディーラーの仕事

 ディーラーは大きく3つの種類に分けられます。

 

 カスタマーディーラーは、セールストレーダーとちょうど同じような役割で為替売買を希望する顧客から取引注文を受けます。比較的顧客と近い関係にあり、顧客がどのような外貨を必要としているかなどの顧客情報を持っているディーラーです。

 

 インターバンクディーラーは、カスタマーディーラーが受けた注文をインターバンク市場で実際に取引相手を探して取引を成立させる役割があります。

 

 一方でプロップディーラーというのは銀行の自己売買を引き受けているディーラーで、ディーラー自身の判断で会社の利益を上げる目的で外貨を売り買いしているディーラーです。持ち高の限度額などある程度の制約はありますが、ディーラー自身の腕が試される花形ポジションです。

 

  • ディーラーにはカスタマーディーラー、インターバンクディーラー、プロップディーラーがいる。

 

ディーラーの求人

 銀行のトレーダー(ディーラー)に他業種からなるのは、証券会社などに比べてより難易度が高いといえます。

 

 銀行の方が伝統的に採用にも常に慎重ですし、その審査過程も非常に厳しいものがあります。特別な事情がない限り未経験で突然銀行のディーラーに採用されるというケースは少ないです。

 

 ただし、証券会社のトレーダーなど他の分野からの転職は考えられますので、銀行のディーラーになりたい強い希望があるなら、人材コンサルタントに相談したりして情報を得てみるとよいと思います。

 

  • 銀行のディーラーに転職するのは大変困難ではあるが、可能性はある。

 

本記事は2016/01/15の情報で、内容はトレーダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する