トレーダーで求められる学歴

職業:トレーダー

603views

imasia_11704390_M_R

 

トレーダーで求められる学歴

 取引所などがまだ電子化がされていない頃には、売買を直にさばく今のトレーダーの前身のような人々が多くいました。その多くが高校卒業程度の学歴で、高卒ながら金融業界に就職できるという意味で人気のある職業でした。その後、次第に取引が電子化されてトレーダー自体の頭数が減り、門戸が狭くなったのと同時に徐々にトレーダーの高学歴化が進んでいます。

 

 今では大学卒業以上というのがほぼ常識で、高卒で就職するにはそれなりに説得力のある前職での経験が必要になってきます。また、もし就職ができたとしても、既定の給与体系というのがあるため、給与面で大卒に比べて差をつけている会社がほとんどです。

 

  • 最近のトレーダーは大卒以上がほとんど。高卒で採用されると給与に差がある場合も。

 

学歴が足りない場合

 一方で、大学の進学が難しく高卒だからといってあきらめることはありません。トレーダーの職場は銀行や証券会社あるいは投資信託やヘッジファンドなど様々です。

 

 同じ金融業界でも銀行などは規定が厳しく、枠を外れての採用や昇進にはまだまだ消極的です。一方で証券会社などはある程度の条件を満たしていれば、比較的柔軟に対応できることも多くあります。

 

 また、学歴のハンディキャップを補うために、金融系の専門学校に行ったり、あるいは資格をとったりするのもよい傾向にあります。そうした努力を積んでいるという姿勢が、プラスに受け入れられるのは間違いありません。

 

 トレーディングルームは比較的平均年齢が若いです。大卒と比べると高卒は年齢が若いうちから転職することができるので、むしろ有利に働く可能性もあります。

 

  • 高卒だからと言ってトレーダーへの道をあきらめることはない。規定に柔軟な企業を選んだり、他でスキルアップを図ったりしてみよう。

 

高学歴は有利か?

 以前は働いてしばらくすると会社を休職、もしくは退職してMBAを取りに行くという人がよく見られました。近年では、トレーダーが使うシステムやテクニックがより複雑で高度なものとなりつつあり、金融工学などの知識が以前にもまして役に立つようになりました。

 

 また、金融機関側もより高度な技術をもつ人材を獲得しようと、海外などでの採用活動を頻繁に行うようになりました。そのような背景を考えると、MBAもしくは修士レベルの学歴は持っていて損にはならないです。

 

 しかし、学歴が高いばかりで就業経験が全くないというのも敬遠される傾向にあります。年齢は高いのに未経験という人をトレーニングするよりは、若い人にチャンスを上げる方が得策と考えるからです。

 

 ゆえに大学院などは、一旦トレーダーとしての経験を積んでからその経験をさらに補強する手段と考えてもよいと思います。

 

  • 高学歴だから有利ということはない。高学歴の場合年齢も高くなるというリスクもある。

 

本記事は2016/01/15の情報で、内容はトレーダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する