トレーダーの転職と年齢

職業:トレーダー

193views

imasia_13529382_M_R

 

何歳までトレーダーに転職できるか

 未経験でトレーダーのキャリアをスタートすることができる年齢は、30歳代前半くらいまでです。

 

 新卒ですぐにトレーダーとしてキャリアをスタートさせていけるのはまれで、大半が営業職などで採用され、その後トレーディングルームなどに異動になります。20代であれば転職時に高い専門性を求められることは少なく、新しい分野を学ぶチャンスが多く与えられます。

 

 30代になってから転職する場合は、20代までに積んだ経験が、どの程度トレーダーとして生かせるかをうまくアピールする必要があります。トレーダーとしての経験がなくても、それまでの法人営業経験やマーケットや業界の知識があると採用される可能性はあります。

 

 また、40代になってから、トレーダーの経験がゼロの状態で採用されることはほとんどないといえます。ブランクが空いたとしても、多少なりの経験があればその後のキャリアによっては可能性があります。つまり30代前半までには、何らかの形でトレーダーに係わりのある職業経験が必要です。

 

  • 未経験でトレーダーになれるのは30歳代前半くらいまで。

 

どのようなスキルを身につけるべきか

 転職する年齢が上がれば上がるほど、持っているスキルの多さが求められます。

 

 他業種から転職する場合でも、例えばある業界の知識に精通しているということであれば、それがきっかけで転職できるということもあり得ます。

 

 また、トレーダーに欠かせないのは証券、債券、商品の取引市場に関する知識です。様々なメディアを利用して最新のマーケット情報に敏感であることは必要不可欠です。

 

 その他、英語のスキルを磨いておくのも有利になります。外資系に転職をするのでなくても、英語ができると外債や為替など、担当可能なプロダクトの幅も広がるからです。また、最近ではアジアなど海外マーケットを扱う金融機関は増えており英語力が生かせる場面も多くあるため、英語力よって転職可能年齢を引き上げることは可能といえます。

 

  • マーケットの知識や英語力は転職可能年齢を引き上げる。

 

長くトレーダーとして働き続けるには

 トレーダーとして長く働き続けていくためには、年齢を重ねるとともに自分の強みや専門性を高めなければなりません。

 

 例えば法人営業経験などを生かして、固定客を持ったセールス色の強いセールストレーダーもいますし、プロダクトの知識に精通し、情報を多く持ったリサーチ力に長けたトレーダーもいます。

 

 また、社内で経験を積めば社内のコミュニケーション能力を発揮して、他部署と協力したビジネスをすることも可能になってきます。このように日々向上心を持って臨めば、年齢がある程度上がっても転職をしてスキルアップを図っていくことは十分可能です。

 

  • 年齢とともにトレーダーとしての自分の強みや専門性を高めていく必要あり。

 

本記事は2016/01/15の情報で、内容はトレーダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する