トレーダーの求人事情

職業:トレーダー

126views

imasia_17091388_M

 

トレーダー求人の採用状況

 トレーダーで求人検索をすると、大変多くの求人があるという印象を受けると思います。しかし、一言にトレーダーといっても実はその扱う商品や働く企業の形態によって様々な種類がありますので、どの求人が自分の条件に合うかを見極めながら検索する必要があります。

 

 実際2007年のリーマンショック後、多くの金融機関がトレーダーに限らず一切の新卒採用をゼロに近い状態まで絞り込んでおり、多くのリストラが行われ雇用環境は悪化しました。しかし、その後徐々に金融機関の業績が回復したと共に雇用も改善し、現在では人材不足のポジションも多く見られ、求職者にとっては比較的有利な環境にあります。

 

  • リーマンショックで落ち込んだ採用も、近年は回復しつつある。人材不足のポジションも見られ求職者には比較的有利な環境に。

 

トレーダーの採用ルート

 新卒採用でトレーダーを志願して入り、その希望通りトレーダーになるというケースはあまり多くありません。多くの場合が、営業などを数年経験をさせてから様々な部署に割り当てられます。トレーダーになれるとは限りませんので、その間に希望を出しアピールしておくことが大切です。

 

 転職の場合は、知り合いがいれば空席情報を調べてもらったり、転職エージェントを利用したりする傾向にあります。トレーダー職は扱う商品も雇用形態も様々なので、求職者側も雇用する側も情報を得やすく信頼しやすいという利点があります。

 

 また、ある程度の経験者もしくは知識があれば、新聞の求職欄や金融機関のホームページの雇用情報などから探して応募することもできます。その場合は自分で労働条件をしっかり確認することが大切です。

 

  • 新卒の場合はトレーダーの希望を出しておく事が大切。転職の場合は知り合いやエージェントを使って方が情報を得やすい。

 

本記事は2015/12/28の情報で、内容はトレーダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する