CADオペレーターの求人事情

職業:CADオペレーター

220views

imasia_13956929_M_R

 

不景気でも求人が絶えることがない技術職

 図面や図形をパソコンで作図するCADデータの作成業務に携わるCADオペレーターの求人は、不景気な折にも絶えることが無い専門知識を要する技術職です。

 

 建設・建築・土木・機械・電気などの主たる工業業界だけでなく、最近ではアパレルやテキスタイル関連など、デザイン業界においてもCADソフトを導入している企業が増えていることから、現在は様々な業種において、優秀な人材を常に募集しています。

 

 そのため、学生時代には全く学ぶ機会の無かった人も、今後の就職活動に有利になるよう「手に職をつけたい」と考えて、社会人になってから専門学校や職業訓練学校などでCADオペレーションを一から学ぶ人が増えています。

 

 CADオペレーター業務は、パソコンの操作と作図の技能や製図の知識を合わせ持つ技術職ですので、就職氷河期や不景気の際にも転職に強い業種といえます。

 

  • パソコン操作と作図技能や製図知識を合わせ持つ技術職のため、求人数が減ることがない。

 

経験が少なくても技術職としての賃金水準

 CADオペレーターの業務内容はパソコンの基本的な操作知識を持ち、更にCADソフトウェアのオペレーションを行います。

 

 また、オペレーションを行うには、図形の作図方法や図面作成のための製図知識がないとデータ作成することは難しく、どちらが欠けても成り立たない専門知識を必要とする業務です。そのため求人募集の際には「技術職」として分類され、一般的な事務職や営業職の賃金水準よりも、高い水準の賃金体系で求人募集されることが多くなっています。

 

 企業が人材を求める求人数よりも実際の働き手の数が少ないことから、大学や専門学校、職業訓練学校を卒業したばかりの未経験でも採用される確率が高い傾向にあります。また、給与決定の際にはスキルや経験を評価して決定しますので、年齢等のハンデなく働くことができます。

 

 女性においては、結婚退職や出産・育児などで離職した後も、技術を持っていれば少々のブランクがあっても採用されることも多く、復職しやすい業種です。男性においては、定年退職後の経験者の再雇用求人等もみられます。

 

  • 専門知識を高く評価されている業種のため、高い水準の賃金で求人募集されることが多い。

 

首都圏だけでなく地方や中小企業でも求人多数

 CADオペレーターの求人は、関東や関西の首都圏だけでなく、地方においても様々な業種での求人があります。

 

 企業の規模も大手企業~中小企業まで多岐に渡り、上場企業から下請け企業、設計事務所や各種メーカー・製造関連など様々です。よって転職の際には、実務経験があれば、Uターン・Iターン就職の際にも、一般事務系職よりも有利な業種といえます。

 

 また、オペレーター業務での採用であっても、実務経験でスキルを高めれば、設計の知識や専門的な技術を習得することも可能で、非正規雇用であっても正規雇用と同等の給与水準を得られるチャンスのある業種でもあります。スキルを重ねて技術力を身につければ、男女別の雇用に対する差別等はなく、同等に高い給与を得られることの出来る業種です。

 

  • 実務経験があれば、Uターン・Iターン就職の際にも、一般事務系職よりも有利な業種。

 

本記事は2015/12/17の情報で、内容はCADオペレーターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する