看護師の精神科病院への転職

職業:看護師

78views

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

imasia_7992862_M

 

精神科の看護師の仕事

 精神科は大きく解放病棟と閉鎖病棟に分けられます。解放病棟は急性期を脱し、これから社会復帰を目指す患者さんが多く入院しており、ADLも自立している方が多いため身体上は健康な人ばかりです。反対に閉鎖病棟は自傷、他傷の危険性の高い患者さんが多く、医師の指示の元保護室で隔離ということもあります。基本的に外出は禁止となっており、他に内科疾患を合併している方もいるのでADLが低い患者さんも多いです。

 

 精神科の看護師と聞くと、「特殊なイメージや患者さんが突然暴れ出したりして怖そう」と思われている方も多いのではないのでしょうか。確かに自分に「合う」「合わない」がはっきりと分かれる職場だと言えます。しかし「合う」方には専門性も高くとてもやりがいのある仕事になると思います。

 

 精神科での看護師の仕事はまず、第一に患者さんと自分の安全管理です。精神科病院では患者さんだけでなく医療者も自らの安全管理をしなければなりません。患者さんとのコミュニケーションや関わりなどが多いので接し方にも常に気を配る必要があります。

 

  • 精神科は特徴的な仕事内容。向き・不向きが出やすい。

 

精神科病院のメリット・デメリット

 精神科病院のメリットとしては残業がほぼないので、自分のライフスタイルに合った働き方をしやすいことが挙げられます。病院によっても異なる部分はあると思いますが、だいたいの病院は定時で帰れる所が多いので育児中の方にはとても有難いです。また、コミュニケーション能力を磨けるのも大きなメリットだと思います。一般の人よりもナイーブな方や感受性の強い方が多いので、常に相手の立場に立った接し方が必要とされます。つまり、自分のコミュニケーションの取り方を見直す意味でも良いきっかけになるのです。

 

 デメリットとしてはやはり暴力を振るわれたりする危険性があるということです。普段穏やかな人でも何がきっかけで興奮状態になってしまうかわからないので常に危険が伴う仕事であると言えます。また、肉体的な暴力だけでなく言葉の暴力を受ける場合もあります。情緒不安定な場合には看護師に暴言を吐く患者さんもいるので、精神科で働く看護師は自らの精神を強く持つ必要があると言えます。

 

 このような点は、特に始めて精神科に転職する方は、転職前によく考えて入職を検討した方がいいでしょう。

 

  • メリット・デメリットを考えて転職活動を考えよう!

 

 

看護師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!看護師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!マイナビ看護師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

本記事は2015/02/12の情報で、内容は看護師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する