看護師の大学病院への転職

職業:看護師

66views

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 転職業界大手「マイナビ」!看護師転職の紹介実績NO.1!年収アップ事例多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

imasia_5819124_M

 

大学病院の特徴

 一番大きな特徴は最先端の医療を取り入れていること、看護師と医師の役割がはっきりと分かれていることです。常に最先端の医療技術を取り入れているため、看護師もその都度学ぶことができます。また、大学病院は医師の補助的業務をすることがほとんどないので、看護師は本来の「看護」を集中して行うことができます。

 

 大学病院では、プリセプター制度やクリティカルラダーを導入している所がほとんどであり新人教育からブランクのある看護師まできちんと仕事ができるよう体制を整えています。また総合的なスキルアップを目指しているため院内研修だけでなく院外研修にも行くよう定められており、認定看護師を取る人に向けてのサポートを実施している所も多いです。

 

  • 大学病院は教育体制やスキルアップ制度の充実が特徴!

 

大学病院の給与、福利厚生や待遇

 給与に関しては大卒か専門卒かで大きく違い、大きく違う所では初任給で3万近く差が出る所もあります。総合的にみると初任給は一般的な総合病院よりやや高めですがこれは地域によって差があり、あまり変わらない所もあるのであくまで全体的にということです。

 

 しかし大学病院ではスキルアップをすることが給料アップに繋がります。資格をとることで資格手当がつき給料がアップします。看護師に並行して一番多く取られているのは保健師、最近では認定看護師や専門看護師を取られる方も多いです。病院によってどの資格にどれだけ手当がつくのか事前に調べてみるといいかもしれません。

 

 福利厚生は他の病院よりしっかりしている所が多い傾向があります。まだまだ女性が圧倒的に多い職場なので育児休暇や時短勤務、託児所がついていたり、結婚・出産しても働けるよう特に育児中の方に関しては手厚い待遇がなされている所が多いです。

 

  • スキルアップが給与アップに繋がる。福利厚生は充実傾向。

 

デメリットを挙げるとすると?

 患者と向き合う時間が多くとれ、一人一人に合った個別性のある看護をという点では大学病院の看護の質は高いと言え、大学病院で働く看護師には大きなメリットとなります。しかしその反面で、激務になりやすいというのも現状です。

 

 あとは先述の通り医師と看護師の仕事がはっきりわかれているので技術を実践する機会が少ないというのもデメリットかもしれません。一番大きな違いがやはり注射や点滴などのルート関係です。多くの病院は医師の指示の元で看護師が注射やルート確保を行いますが、大学病院では医師が行います。特に附属大学の研修医が多く在籍しており、研修医がすることが多いため看護師は中々実践して技術を身につけることができないこともデメリットといえるでしょう。

 

 

看護師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!看護師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!マイナビ看護師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

本記事は2015/02/12の情報で、内容は看護師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する