看護師の転職と退職金

職業:看護師

365views

imasia_2063846_M

 

勤務先・勤続年数により異なる

 もちろん勤続年数によって支給額は変動します。労働期間と退職金の額がある程度比例するというのはそもそもの前提です。そもそも退職金を貰うには勤続年数○年以上と病院によって定められています。勤続年数1年以上で支給される所もありますが、平均的に3年~3年半の所が多いです。これは病院によって違うので、自分の病院が何年以上で貰えるのか退職を決める前にきちんと把握しておくことが重要です。(一カ月でも足りなければ貰えません)

 

 勤続年数による平均金額では、3年で0円~30万円(0円は3年では支給されない所)、4年で30万~50万円、5年で50万~100万円となっています。しかし、これはあくまで平均的な金額ですので必ずしもこの金額が貰えるというわけではありません。退職金制度がない所もあるので、転職する際は事前に調べておきましょう。

 

  • 退職金制度の有無と受け取り条件は転職時にもチェック。

 

退職金が多く貰える職場とは?

 大学病院や国立病院(看護師が公務員認定)が一般的に多いとされています。公務員や準公務員扱いの所は「公務員の給与に準ずる」となっているので、退職金は定年まで勤め上げたとすると3000万円貰えることもあるようです。しかし、それなりに大手の病院(自分の地域で名の知られている病院)などは経営が安定している所がほとんどなので、退職金もしっかり支給してくれます。病院の先輩に話を聞いてみると意外と他の病院の内部事情も入ってきます。(以前勤めていた病院など)

 

(退職金にかかる税金)

 退職金と税制についても少し言及しておくと例えば若くして起業して成功したりして退職金をもらう場合など「勤続年数が少ない」と一定の税金がかかります。しかし「40年看護師を勤め上げた」など長期の勤続年数がある場合は控除額が増えますので税金がほとんどかからなくなります。詳しい計算方法は割愛しますが長く勤務して受け取る退職金の方が税金上優遇されるということは覚えておいてもいいでしょう。

 

  • 大病院の看護師、公務員採用の看護師などは退職金が高い。長期勤めれば税金はほぼかからない。

 

転職先を選ぶ時は総合的にみる

 転職先を選ぶ際、退職金制度がある所を…と選ぶ方が多いですがその考えは良いとは言えません。なぜなら、退職金制度がある所は月々の給与を低く設定していることも多いからです。退職金というのは給与の後払いとも言えるため、基本的に長く勤めなければ金額は上がりません。何度も転職を繰り返す(色々な分野に興味があるなど)場合は月々の給与が高い方がお得ということも言えるので、自分の将来性を考えた上で転職先を選ぶことをお勧めします。

 

  • 退職金の有無に踊らされれないように。給与面との兼ね合いも大切。

 

本記事は2015/02/10の情報で、内容は看護師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

看護師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!看護師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!マイナビ看護師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

看護師に関連する基礎知識

看護師TOP

  1. 看護師の求人事情

看護師の転職の基礎

  1. 看護師の採用先の分類
  2. 看護師の年収相場
  3. 看護師転職サイトのメリット
  4. 看護師の転職と年齢
  5. 看護師の転職と志望動機
  6. 看護師の履歴書の例文(1)
  7. 看護師の履歴書の例文(2)
  8. 看護師の転職と時期
  9. 看護師の転職と面接
  10. 看護師の転職と退職金

職場別の看護師の転職(病院関係)

  1. 大学病院
  2. クリニック
  3. 精神科病院
  4. 総合病院
  5. 療養型病院
  6. 急性期病院
  7. 災害拠点病院
  8. 救急指定病院
  9. 救命救急センター
  10. 国立高度専門医療研究センター

職場別の看護師の転職(保健・福祉施設関係)

  1. 特別養護老人ホーム
  2. デイサービス
  3. 老人保健施設
  4. デイケア
  5. グループホーム
  6. ショートステイ
  7. 訪問看護ステーション
  8. 地域包括支援センター

職場別の看護師の転職(その他)

  1. 一般企業(産業看護師)
  2. 治験業界
  3. 空港
  4. フライトナース
  5. 保育園
  6. 乳児院
  7. コールセンター

変わった職種への看護師の転職

  1. クリニカルコーディネーター
  2. カウンセラー
  3. ケアマネージャー
  4. 教員

条件別の看護師の求人

  1. 高年収
  2. 激務でない
  3. 土日休み
  4. 公務員扱い
  5. 第二新卒向け
  6. 夜勤なし
  7. 夜勤専従
  8. ボーナスが出る
  9. 託児所あり
  10. 2交代
  11. 3交代
  12. 寮完備

診療科別の看護師の求人

  1. 耳鼻咽喉科
  2. 循環器科
  3. 小児科
  4. 整形外科・形成外科
  5. 美容外科
  6. 美容皮膚科
  7. 泌尿器科
  8. 皮膚科
  9. 性病科
  10. 脳神経外科
  11. 口腔外科

年齢別の看護師の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代

年収別の看護師の転職例

  1. 年収300万
  2. 年収400万
  3. 年収500万

看護師に関するコラム

  1. なるには
  2. 国家試験
  3. アルバイト・派遣
  4. 1日の流れ
  5. 将来性
  6. 適性(向き・不向き)
  7. 結婚
  8. 人間関係
ページ上部へ移動する