看護師の転職と志望動機

職業:看護師

1025views

imasia_12524374_M

 

志望動機・転職理由は正直に全ては言わない!?

 転職したい…と思う理由の多くは仕事が忙しくて体の調子がよくならない、休みがまとまってとれない、残業や夜勤が多くてキツイなどの激務によるストレスや、職場の雰囲気がよくない、毎日毎日怒られてばかりでモチベーションが下がる、職場の同僚看護師だけでなく医師との人間関係が上手く築けないなどの人間関係に関するストレスなどが上位を占めています。すぐに転職するのも考えものですが、毎日ストレスを抱えてまで同じ職場にいることはなく、体や心を壊してからでは遅いのです。という意味では現職場に悩んでいる場合は転職も検討しなければいけません。

 

 志望動機を考える時に「なぜ自分は転職をしたいのか」を考えることになりますが上記のようなネガティブな理由を連呼しても先方に好印象になることはないです。「人間関係がストレスで」「激務に耐えられませんでした」といったことは本音でもマイナスポイントになってしまいます。ですから「伝えてもいい部分」「伝えてはいけない部分」はある程度戦略的に考える必要があるでしょう。

 

  • 転職の理由がネガティブな場合は志望動機の内容をよく考えよう。

 

志望動機はどうすればいい?

 上記を踏まえて志望動機を考えなければいけません。履歴書にも勿論記入欄がありますし、面接では必ずと言っていいほど聞かれます。この志望動機は踏み込んで言えば転職理由とも言い換えることができるかもしれません。

 

 志望動機を聞かれた際「待遇がいいから」「給与が高いから」「楽そうだから」「残業がないから」といったことは決して書いてはいけません。ただ書き方を変えればいいのです。例えば、待遇に関してなら「現在子供がおり、育児中の方が安心して働けるような制度を設けている貴院にとても惹かれました」といった具合です。しかし、いくら書き方を変えても給与のことだけは絶対に書かない方が良いと言えます(給与の話は本人希望条件などで別途転職サイトのコンサルタントなどに交渉してもらいましょう)。

 

 志望動機で一番相手に好印象を与えるのはその病院が力を入れていることや特徴をしっかりと理解し、「貴院の○○という制度に興味があり…」といった書き方です。また、「自分のスキルアップのために貴院の○○の分野で働きたいです」といった書き方も良いでしょう。相手の採用コンセプトと自分の目標や希望がマッチすると面接では好印象です。

 

 どこの病院に応募する時も基本ですが、まず相手方の病院を情報収集し自分なりの解釈でいいので理解することが大切です。ここで理解せずにただ調べるだけで履歴書に書き、面接を迎えてしまうと面接時につっこまれて質問された時にそれ以上答えられず…ということにもなりかねないからです。志望動機は履歴書に記載してあっても面接時にもう一度聞かれることが多いので、予め履歴書の内容は把握した上で面接時の志望動機は言葉を少し変えたり、付け加えたりと別に考えておくと尚良いでしょう。

 

  • 志望動機は「相手が求める人材像」を意識して考える。書面ベースと口頭ベースで両方大切。

 

本記事は2015/02/10の情報で、内容は看護師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

看護師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!看護師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!マイナビ看護師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

看護師に関連する基礎知識

看護師TOP

  1. 看護師の求人事情

看護師の転職の基礎

  1. 看護師の採用先の分類
  2. 看護師の年収相場
  3. 看護師転職サイトのメリット
  4. 看護師の転職と年齢
  5. 看護師の転職と志望動機
  6. 看護師の履歴書の例文(1)
  7. 看護師の履歴書の例文(2)
  8. 看護師の転職と時期
  9. 看護師の転職と面接
  10. 看護師の転職と退職金

職場別の看護師の転職(病院関係)

  1. 大学病院
  2. クリニック
  3. 精神科病院
  4. 総合病院
  5. 療養型病院
  6. 急性期病院
  7. 災害拠点病院
  8. 救急指定病院
  9. 救命救急センター
  10. 国立高度専門医療研究センター

職場別の看護師の転職(保健・福祉施設関係)

  1. 特別養護老人ホーム
  2. デイサービス
  3. 老人保健施設
  4. デイケア
  5. グループホーム
  6. ショートステイ
  7. 訪問看護ステーション
  8. 地域包括支援センター

職場別の看護師の転職(その他)

  1. 一般企業(産業看護師)
  2. 治験業界
  3. 空港
  4. フライトナース
  5. 保育園
  6. 乳児院
  7. コールセンター

変わった職種への看護師の転職

  1. クリニカルコーディネーター
  2. カウンセラー
  3. ケアマネージャー
  4. 教員

条件別の看護師の求人

  1. 高年収
  2. 激務でない
  3. 土日休み
  4. 公務員扱い
  5. 第二新卒向け
  6. 夜勤なし
  7. 夜勤専従
  8. ボーナスが出る
  9. 託児所あり
  10. 2交代
  11. 3交代
  12. 寮完備

診療科別の看護師の求人

  1. 耳鼻咽喉科
  2. 循環器科
  3. 小児科
  4. 整形外科・形成外科
  5. 美容外科
  6. 美容皮膚科
  7. 泌尿器科
  8. 皮膚科
  9. 性病科
  10. 脳神経外科
  11. 口腔外科

年齢別の看護師の転職例

  1. 20代
  2. 30代
  3. 40代

年収別の看護師の転職例

  1. 年収300万
  2. 年収400万
  3. 年収500万

看護師に関するコラム

  1. なるには
  2. 国家試験
  3. アルバイト・派遣
  4. 1日の流れ
  5. 将来性
  6. 適性(向き・不向き)
  7. 結婚
  8. 人間関係
ページ上部へ移動する