バーテンダーの採用先の分類

職業:バーテンダー

130views

imasia_13187435_M

 

バー関係のバーテンダー

 オーセンティックな正統派バーに、ビリヤードが楽しめるプールバー、ダーツバー、気軽に飲めるキャッシュオンデリバリーのパブバー、食事も楽しめるダイニングバーやカフェバーなど、バーの種類は多岐にわたります。そのお店の雰囲気によって、求められるバーテンダー像も変わってきます。

 

  雑誌やネットなどでバーテンダーの募集を目にすることは多いですが、正統派のバーは紹介による採用が多いです。バー業界は繋がりがとても強く、人づてに信頼できる人材を紹介し合ってスタッフを確保しているので、公に求人情報が出ることはあまりありません。どうしても働きたい名店には、足しげく通って顔を覚えてもらい、その熱意が伝わってなんとか見習いにしてもらったというケースもあります。 

 

 反面、プールバーやダーツバー、パブバーなどは、あまり堅苦しくなく楽しみながら働ける店舗が多いです。身だしなみも比較的自由なところもありますし、営業時間が早いカフェバーでは昼間から勤務することも可能です。

 

  • お店の雰囲気によって、求められるバーテンダー像も変わってくる。

 

レストラン関係のバーテンダー

 バーテンダーの技術のほかにソムリエの資格があれば、フレンチやイタリアンレストランでの採用も望めます。

 

 ウエイティングバーを備えた高級レストランでは、バーテンダーの業務も必要になります。同様に、唎酒師の資格があると、和食レストランや料亭でもドリンク全般を担当する職として採用があります。

 

 バーカウンター業務にこだわらなければ、一般的なウェイターより酒類・飲料についての知識と技術を持ち合わせたバーテンダーはレストランでも重宝されるのです。

 

  • 知識と技術を持ち合わせたバーテンダーはレストランでも重宝される。

 

ホテル・宴会場関係のバーテンダー

 宴会場には宴会バーという、披露宴やパーティでのドリンク作成やサービスを担当する部門があります。ホテルには、メインバーやラウンジバー、スカイバーなどバーテンダーが活躍できる場が多いです。

 

 ホテルや宴会場での採用は、基本的には一社員として入社し、その後、料飲部やバー部門に配属される形です。例外として、優秀な人材やカクテルコンペティションで活躍しているバーテンダーはヘッドハンティングで採用されるケースもあります。

 

  • ホテルや宴会場では正社員としての採用が多い。

 

独立・その他のバーテンダー

  独立して自分でお店を持ったり、雇われ店長としてお店を任されたりするパターンもあります。出資者やオーナーから個人的に話を持ちかけられることがほとんどなので、知り合いを増やしたり常に情報を収集しておくことが大切です。

  

 他にも、ガールズバーやホステス・ホストクラブ、ダンスクラブにも、バーテンダーという名の求人があります。接客が主だったり、ゲストとともに飲んで楽しませる業務だったりと、一般的なバーテンダーとは業務が異なり、こちらはよりディープな夜の世界での仕事になります。

 

  • 独立や雇われ店長を目指している場合には、知り合いを増やしたり常に情報を収集しておくことが大切。

 

本記事は2015/12/10の情報で、内容はバーテンダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する