バーテンダーで求められるスキル・能力・知識

職業:バーテンダー

945views

imasia_2312885_M

 

バーテンダーの酒類知識

 バーテンダーの商品知識は多岐に渡り、カクテル作りに欠かせないスピリッツ(ウォッカ、ジン、ラム、テキーラ)を始め、ブラウンスピリッツ(ウイスキー、バーボン、ブランデー)、多種多様なリキュール類、ワイン(シャンパン、シェリー、マール、グラッパ)、ビール、日本酒、焼酎と、酒全般の総合的な知識が求められます。

 

 カクテル調合の際の副材料となるソフトドリンクやフルーツについての知識も必要です。酒にはそれぞれ特徴があり、それを熟知しておかねばその特色に合った飲み方を提供することはできません。

 

 また、バーホッパーと呼ばれるバーの愛好家たちは酒に精通しており、その知識量には圧倒されることもあります。ゲストの情報を上回る知識を身につけていなければ、プロフェッショナルとはいえません。紙面で得た知識だけでなく、テイスティングや研究を重ねることで自分なりの言葉と解釈を伝えることができます。それが、バーテンダーのオリジナリティにもつながるのです。

 

  • バーテンダーは幅広く深い酒類知識が必要。

 

バーテンダーの調理技術者としてのスキル

 カクテル調合、フルーツカッティング、氷の割り方等の、バーテンダーの花形ともいえるべきスキルです。

 

  • 飲材をメジャーカップ(計量器)を使わずに注ぎ、分量通り作る技術。
  • 水っぽくさせないよう素早くかつ静かに、酒の切れ味を生かした仕上がりを目指すステア技術。
  • 空気を含ませて口当たりをまろやかに、かつ水っぽくならないシェーキング技術。
  • 思い通りの大きさ・形に氷を削り取る技術。
  • ボトルやグラスをエレガント・スマートに扱う魅せる技術。

 カクテルは本当に繊細で、材料がほんの1滴変わっただけでも、氷の状態が違っただけでも、気温差でも、味が変化してしまうものです。その感覚を体に覚え込ますには、とにかく実践で練習あるのみです。

 

 中でもシェイカーを振る姿はバーテンダーにとって最大の見せ場であり、ゲストを楽しませるショーでもあります。カクテルメイクの際は、スムースな流れと正確さを意識し、エレガントな所作を魅せることも、美味しさにつながるポイントです。

 

  • 練習で身に付く実践スキル。

 

バーテンダーの接客技術者としてのスキル

 他の接客業に比べると、バーテンダーはゲストとの距離も近く、接する時間も長いので、より高いレベルの接客スキルが求められます。

 

 ゲストが来店されてからお見送りするまで、ホスピタリティ精神をもって、すみずみまで心配りをします。サービスの善し悪しはゲストが決めることで、こちらの自己満足のサービスではいけません。

 

 とにかく誰かと話して騒いで楽しく過ごしたい、というゲストもいれば、話かけずにそっとしておいてほしい、と願っているゲストもいます。常にアンテナを張り巡らせて、そのゲストの要望を的確に読み取ることが求められるのです。

 

 酒に力も上手に使って、癒したり、元気づけたり、ゲストが良い気分でお帰りいただけるよう最善を尽くすのです。

 

  • ゲストへのホスピタリティ精神が大切。

 

バーテンダーのプライオリティを見極める能力

 どんなに素晴らしいサービスを行っても、タイミングを誤っては台無しです。

 

 バーでは同時に複数人の接客をするので、場を読んで、的確に物事の優先順位を考える能力が必要となります。これを見誤ると、特に繁忙期には店へのクレームや、ゲスト同士のトラブルにもなりかねません。背中にも目を持つつもりでゲストの反応や変化を瞬時にキャッチし、今、何に重点をおくのかを判断することが、ゲストの満足度を上げることにもつながります。

 

  • 顧客満足度を上げる為に必要な能力。

 

バーテンダーの水先案内人としてのスキル

 よく「滞在先のことはまずバーテンダーに聞け」といわれます。出張や旅で初めて訪れた土地では、まずバーの立ち寄って旅の疲れを癒しつつ、バーテンダーから地元の情報を入手せよ、という意味です。

 

 またアメリカには「人生の最期を迎える前に、牧師とバーテンダーに会いに行け」という言い伝えもあります。人を諭すには相当な人生経験を要しますが、地元の観光スポットやグルメ情報なら気軽に案内することができます。新聞やニュースに耳を傾け、時事問題や流行も敏感に察知しておくことが必要です。

 

他のバー情報やバーテンダー同士の小話などもバーホッパーは好きなので、入手しておくと役立ちます。但し、バーで政治と宗教の話はタブーなので注意します。

 

  • 情報収集をして会話の引き出しを多く用意。

 

本記事は2015/12/11の情報で、内容はバーテンダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する