ホテル・宴会場関係のバーテンダーの求人

職業:バーテンダー

136views

imasia_13187435_M

 

ホテルバー・ラウンジの求人

 稀にバーテンダー単独の求人がありますが、まずはそのホテルの従業員として採用されることが必要になります。採用はアルバイトと正社員共にあります。

 

 希望を出して料飲部に所属し、バーやラウンジに欠員がでた場合に配属されれば、晴れてバーテンダーとして勤務できるようになります。ホテル専門学校と密接に関係しており、馴染みの専門学校から人材を得たり、新卒採用の枠もあることから、飛び込みでバーテンダーの中途採用が行われることは少ないです。

 

 バーテンダー仲間の力を借りたり、情報収集をしっかり行い、口コミや紹介で入社することがホテル勤務への近道となります。新規オープンで大量募集の際にも、誰かの紹介や口利きを行うと採用率がグンと高まります。業界内の人間関係は常に良好に保っておくことが大切です。

 

  • 紹介や口利きで採用率が上がる為、業界内の人間関係は良好に保っておくことが大切。

 

ウェディング・宴会場の求人

 時に500名以上ものゲストに同時にサービスを行う結婚式場や宴会場には、ドリンクを専門に扱う宴会バーという部門があります。宴会バーやバーテンダーとしての求人はほぼされていないので、一般サービスでの応募で、バーテンダースキルをアピールすることが肝要です。

 

 宴会バーの仕事は、限られた時間にとにかく大量のドリンクを作りさばく為、スピードと量産スキルが求められます。一度に扱う飲材の量も多いので、かなり効率的に仕事をこなす術が身につきます。あまりカクテルのオーダーはありませんが、宴会の馴染みのゲストや、新郎新婦に向けて特製カクテルを振る舞う機会もあり、バーテンダーの腕の見せ所になります。

 

  • 一般サービスでの応募で、バーテンダースキルをアピールすることが肝要。

 

配膳会の求人

 ホテルや宴会場での採用が叶わなかった場合には、配膳会として勤務に入ることもできます。配膳会は、ホテルや宴会場のサービススタッフを派遣しているところで、たいていの配膳会は常にエントリーを募集しています。

 

 配膳会との面接なので、採用されやすく、よほど条件が悪くない限りは、ホテルや宴会所など現場へ派遣されます。現場では即戦力として見なされるので、時給も1300円〜1500円と高めです。

 

 最低限の研修を受けているとはいえ、配膳会の登録者は学生と主婦などがほとんどなので、経験者は重宝されます。バーテンダー経験をアピールしておけば、バーに派遣されることもあり、気に入られれば常勤からホテルの社員になれることも稀にあります。

 

  • バーに派遣されることもあり、常勤からホテルの社員になれることも稀にある。

 

本記事は2015/12/15の情報で、内容はバーテンダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

飲食求人サイトランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 飲食の仕事探しで成長中の「フーズラボエージェント」がランキング1位を獲得中!首都圏に強み!

  2. 学歴や経験、資格などがなくても様々な求人にリーチが可能!初回登録は30秒あれば無料で完了!

  3. 首都圏エリアではなく地方などで飲食の求人を探すならこちらがお勧め。もちろん利用料は無料!

ページ上部へ移動する