バーテンダーになるには

職業:バーテンダー

196views

imasia_12599558_M

 

バーに飛び込んでみる

 バーカウンターで華麗にシェイカーを振り、カクテルをかっこよくサーブするバーテンダーの姿に憧れる人も多いです。バーテンダーは資格も特に必要なく、求人も多数あるので、興味が沸いたら比較的なりやすい職業です。

 

 最も手っ取り早くバーテンダーになるには、実際にバーで働いてみることです。未経験の飛び込みで入っても、意欲と熱意があれば受け入れてくれるバーは多いです。酒の知識も読んで覚えるだけでなく実際に味わってみることが大切なので、現場で働きながら学べることはとても貴重です。

 

 技術にしても同様で、頭の知識より実際にどれだけシェイカーを振って何杯のカクテルを作ったか、体感することが大切です。接客スキルに関しても、マニュアルも正解もないものなので、人対人の生の経験がものをいいます。実際のゲストとの接客を繰り返し、何度も失敗をし、そこからまた学ぶことで成長してゆくのです。

 

 このように、バーテンダーの職人スキルを養うには現場での実務経験に勝るものはないと言えます。

 

  • 手っ取り早くバーテンダーになるには、実際にバーで働いてみること。

 

バーテンダースクールに通う

 貴重な学びの場であるバーを選ぶのは、未経験者であれば困難であるといえます。求人では「バーテンダー」の意味が広義で扱われており、お店の形態も多岐に渡るからです。働くお店と師事するバーテンダーを間違えてしまうと、いくら頑張っても本物のバーテンダーにはなれません。

 

 そんな時に頼りになるのが、バーテンダースクールです。バーテンダーになる上で不可欠な酒類知識や歴史が学べるのはもちろんのこと、実技演習もあるので、一通りのことは習得できます。

 

 そして、大手や有名バーテンダーが講師陣に名を連ねるスクールを選ぶことで、リアルな現場での話やバー情報が入手できます。

 

 卒業生には就職の斡旋や開業の為の指導を行っているところもあり、こうしたスクールからの紹介のお店であれば、まず間違いはありません。自力でお店の見極めが難しい場合にはとても心強いです。

 

  • バーテンダースクールでは一通りのことが習得でき、お店を紹介してもらえることも。

 

偶然のきっかけ

 自分の意思ではなく、思いがけずバーテンダーの道を歩むようになる場合もあります。ホテルやレストランに就職し、たまたまバーに配属されたり、人手が足りずにヘルプ要員としてバーに入るケースです。

 

 初めは興味がなくとも、仕事をするうちにバーテンダーの奥深さにはまり、真剣にこの道を志すようになる人も少なくありません。自己表現や個性、創作意欲を発揮できるバーテンダーという仕事は魅力的で、経験を積めば積んだだけ実力がつくのです。

 

  • たまたまバーテンダーになり、奥深さにはまる人も。

 

本記事は2015/12/15の情報で、内容はバーテンダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する