バーテンダーのお酒の知識

職業:バーテンダー

308views

imasia_13554717_M

 

酒の基礎知識

 バーテンダーはありとあらゆるアルコールを扱うので、その酒類知識も多岐にわたります。

 

 まず、酒の基礎知識として、誕生の歴史や、醸造や蒸留の原理、酒税法について学びます。その後、醸造酒の概要として、ワイン・シャンパン・シェリー、ビール、清酒について知識を深めていきます。続いては蒸留酒の概要として、ウォッカ・ウイスキー・ジン・ウォッカ、ラム、テキーラ、焼酎について勉強します。

 

 また、カクテル作りに欠かせないリキュールやソフトドリンク、副材料に用いるフルーツやハーブについても忘れてはいけません。紙面の知識だけでなく、実際に味わってその香りや味わいを体感しておく必要があります。

 

  • 紙面の知識だけでなく、実際に味わってその香りや味わいを体感しておく必要がある。

 

カクテルの知識

 世の中にカクテルレシピの数は、数千から数万とも言われています。材料の分量が変わっただけでも、ベースの酒類が変わっただけでも、違う名のカクテルになるのため、このように言われています。

 

 これらスタンダードと呼ばれるカクテルのレシピの他に、各バーテンダーやバーのオリジナルカクテルも合わせると、その数は無限といえます。無限のレシピを全て覚えることが困難ですが、王道と呼ばれるレシピは頭に入れておくべきです。

 

 オリジナルカクテルを作る際も、やみくもに何でも混ぜれば良いわけではありません。お酒にも相性があり、カクテルにも法則があります。それを熟知することで、これまでになかったオリジナリティ溢れる作品が生まれます。ゲストが望む味わいのカクテルを提供するためのも、正しい知識が必要です。

 

  • まずは、お酒の相性やカクテルの正しい法則正を熟知しておきたい。

 

酒場学とホテル史

 バーの起源と歴史についての酒場学と、ホテルバーテンダーであればホテル史についても学んでおかねばなりません。バーではこのような話題で盛り上がることも多いものです。

 

 また、近隣のバーや、有名なバーテンダーについても情報を入手しておく必要があります。バーが好きなゲストは、様々なお店を転々と飲み歩き、それぞれの店舗やバーテンダーの動向を話題にすることも好きなものです。

 

 近隣のお店と良好な交友関係を保っておけば、ゲストやお店を紹介し合うなどのメリットも生じます。

 

  • 近隣のお店と良好な交友関係を保っておけば、メリットも生じる。

 

本記事は2015/12/14の情報で、内容はバーテンダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

飲食求人サイトランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 飲食の仕事探しで成長中の「フーズラボエージェント」がランキング1位を獲得中!首都圏に強み!

  2. 学歴や経験、資格などがなくても様々な求人にリーチが可能!初回登録は30秒あれば無料で完了!

  3. 首都圏エリアではなく地方などで飲食の求人を探すならこちらがお勧め。もちろん利用料は無料!

ページ上部へ移動する