バーテンダーの求人事情

職業:バーテンダー

157views

imasia_13717770_M

 

バーテンダーの求人は多い

 バーテンダーは求人サイトや雑誌を開けば必ず載っている職種で、バーテンダーに限らず飲食業界では常に求人募集を見ることができます。

 

 重労働のわりに薄給、若いうちでないと体力がもたない等のイメージも強く、人材不足に悩まされている業界であったりします。そのため、未経験可や資格やキャリアも問われない募集も多く、仕事を開始するハードルは低いという利点があります。

 

 飲食業種の中でもバーテンダーという職種は特殊で、バーテンダーは1人でキッチンシェフとホール接客を担っています。自分で作ったものを自分の手でサービスし、ゲストの反応をダイレクトに感じることができるので、達成感や感動がより大きいのです。

 

 また、自分だけのオリジナルカクテルを作って、世に残す、という職人の側面も持ち合わせています。日常では接する機会がなかったであろう人々とも出会うことができ、想像しえなかった人脈が広がることもあります。

 

  • 求人が多く募集のハードルも低いので始めやすい業界。

 

バーテンダーの求人の形態

  バーテンダーの求人は街場・ホテルに関わらず、圧倒的にアルバイトでの募集が多いです。これには2つの理由があります。

 

 1つ目は離職率が高いことです。バーテンダーといえば、シェイカーをかっこ良く振って、スマートに振る舞っている華やかな職業というイメージが強いですが、実際は肉体労働で拘束時間も長く体力的にきつい部分もあります。イメージとのギャップが大きすぎて、早い段階で離職してしまうケースが多く、人材不足になっています。

 

 2つ目には、開業・閉業のサイクルが早いことが挙げられます。バーは他業種と比べると資金・人材とも比較的準備が少なくて済むため、開業しやすいと言われています。新規オープンがあれば、それに伴った求人もでることになります。

 

 上記の理由により正社員募集については、なかなか表には出てこないことが現状となり、信頼のできる紹介やアルバイトで長いこと頑張った末の昇格によるものがほとんどです。

 

  • アルバイト募集がほとんど、正社員は紹介かアルバイトからの雇用で成り立っている。

 

バーテンダーの勤務先の店舗選びのポイント

 バーは繁華街に密集しているため、都市部では沢山の求人がありますが、店舗数も多く、どこで働くべきか迷ってしまうこともあります。

 

 簡単そうだからとセカンドビジネス的に開業され、生き残れずにすぐ閉業の追い込まれる店舗も少なくありません。せっかくの採用が決まっても、お店が閉業してしまっては元も子もありませんので、勤務先のお店選びは慎重に行うべきです。

 

 既存のお店であれば、実際に飲みに行ってみるのが雰囲気をつかむのにも大変有効です。新規オープンのお店であっても、他店より特化した何かがあるか、その特徴がお店のコンセプトときちんとマッチしているか、マスター・店長の人柄にも集客力があるか等をチェックし、生き残れる店舗を見極めることが大切です。

 

  • 生き残れる繁盛店を見極めて応募することが大切。

 

本記事は2015/12/10の情報で、内容はバーテンダーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

飲食求人サイトランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 飲食の仕事探しで成長中の「フーズラボエージェント」がランキング1位を獲得中!首都圏に強み!

  2. 学歴や経験、資格などがなくても様々な求人にリーチが可能!初回登録は30秒あれば無料で完了!

  3. 首都圏エリアではなく地方などで飲食の求人を探すならこちらがお勧め。もちろん利用料は無料!

ページ上部へ移動する