獣医師の独立・開業

職業:獣医師

14views

imasia_6553950_M

 

小動物診療施設の独立・開業

 数カ所の動物病院で経験を積んでから独立開業する獣医師が多いです。近年は分業化が進んでいるため、都市部では高額な検査機器や手術器具を一切用意せずに開業することもあります。

 

 独立開業には多くの手間と労力が必要になるので、最近では動物病院経営コンサルタントを利用するケースもあります。経営コンサルタントは開業場所の選定や事業計画書の作成、融資先に提出する資料の作成など一式行って、コンサルタント料は平均して100万円になります。勤務しながら開業準備をする人にとっては安い金額かもしれませんが、必ずしもコンサルタントが良心的な人物とは限りません。

 

 獣医師に限らず、発注者がそれなりの基礎知識やノウハウを頭に入れておかなければ、受注者に的確な意思表示が出来ないことから不幸な結果を招くことになります。働きながら経営の勉強をすることは大変なことですが、必要最低限の知識は頭に入れておかなければなりません。勝算がないから開業しない、という考えも経営者として必要な感覚です。安易な考えから独立開業することは危険です。

 

  • 勤務医として数箇所で経験を積んでから独立する事が多い。経営コンサルタントを利用する場合でも、最低限の経営ノウハウは必要。

 

大動物診療施設の独立・開業

 農業共済組合や個人の大動物診療施設で経験を積んだ後、往診していた土地で独立開業する人がほとんどです。大動物の診察は聴診、打診、触診、視診が基本になり高度な医療機器は用いないため、ポータブルのエコーさえも用意しないで開業する獣医師は多いです。また、店舗を必ずしも構える必要はないことから開業にかかる初期費用は多くありません。

 

 畜産農家から高度な獣医療は求められませんが、生産性をいかに上げるか、どうしたら農家が儲かるかといった経営学的な知識を要求されます。餌、畜舎の環境、品種といった獣医療とは関係のないような新しい技術や知識を日々勉強しなければなりません。

 

 勤務医時代に多く檀家を抱えることができれば、独立・開業しても生活していけますが、檀家が少ない状態で開業をすれば、生活は苦しくなる可能性があります。

 

  • 開業資金は比較的少なくて済むが、経営学や畜産系の知識が求められる。勤務医時代から多くの顧客をつかんでおくことが独立後の経営を左右する。

 

本記事は2015/06/25の情報で、内容は獣医師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する