ピアノ講師のアルバイト・パート

職業:ピアノ講師

953views

imasia_15437322_M_R

 

ピアノ講師の求人はほとんどがアルバイト

 ピアノ講師の求人はそのほとんどがアルバイトです。一般のアルバイト職とは違いますが、収入としてはアルバイトで働いている人と変わりません。ピアノ講師として働いている人の中にも、「アルバイトと同じ」と思っている人は多いのが現状です。

 

 しかし、ピアノ講師の求人はアルバイトとして募集されていることもありますが、契約スタッフや業務委託として募集されていることも多くあります。基本的にピアノ講師として指導した分の報酬をもらうというシステムになります。

 

  • アルバイト以外では契約スタッフや業務委託が主流。

 

ピアノに関連するアルバイト

 今ではピアノに関わる仕事や音楽関連の仕事だけに特化したアルバイトを掲載しているサイトもあります。常に情報がアップされますので、リアルな求人情報をキャッチすることができます。

 

 この様なサイトでアルバイトを探す事で、ピアノ演奏やピアニストの仕事などを見つける事もできます。ピアノ講師の仕事を探している人なら、ピアノ演奏はプロレベルのはずなので、自分が勉強してきたピアノの演奏で仕事ができるのは嬉しい事です。ピアノ講師よりピアニストとして、ピアノ演奏をして仕事をすることを求めている人は多いはずです。

 

 ピアノや音楽に関わるアルバイトを探す事で、ピアノ演奏を提供しているレストランやバー、クラブなどの飲食店の仕事を見つける事もできます。その他、結婚式場の披露宴会場、高齢者施設、福祉施設、児童施設などでもピアノ演奏を行う人が求められていたりもします。

 

  • ピアノや音楽に特化したアルバイトサイトで求人情報をキャッチ。

 

ピアノ講師はスケジューリングも重要

 楽器店や音楽教室でピアノ講師の募集をする事はよくありますが、実際に採用されてもどれだけの生徒を持つことができるかはその教室によって異なります。1人かもしれませんし、10人以上の生徒をもらえる事もあります。生徒の人数によって収入が決まってくる事になるので、レッスンの曜日からスケジュールが合うか調整しなくてはなりません。自宅で生徒を持っている人でも同様に調整する必要があります。

 

 先に紹介したピアノ演奏をレストランや披露宴会場などで行う場合も同じです。曜日や時間をうまく調整することが必要になります。結婚式の披露宴は1回きりなので、その日時に演奏できるかを確認するだけですが、レストランやバー、クラブなどで演奏する場合は曜日と時間が決められる事もありますので、指定された日時でスケジューリングできるかを確認して、引き受けるかを判断することになります。

 

 報酬は、ピアノ講師に関しては大きな差はありませんが、ピアノ演奏の場合は1ステージあたりの報酬となり、演奏する場所によって大きく違っています。1ステージは1,000円から10,000円以上になることもあります。報酬面をよく考えて、上手くスケジューリングすることが大切です。

 

  • スケジューリングを上手くする事が収入アップの鍵。

 

本記事は2015/07/03の情報で、内容はピアノ講師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する