獣医師と他職種との関係

職業:獣医師

8views

imasia_6950910_M

 

多くのスタッフと関わる職業

 獣医師の職域は広く、多くの職種の人と関わります。こここでは小動物診療施設の獣医師、大動物診療施設の獣医師、保健所に勤務する獣医師を取り上げます。

 

小動物診療施設の獣医師

  • 動物病院スタッフ

 トリミングとペットホテルをしている所が多いため、動物看護師とトリマーが勤務しています。動物看護師は入院動物の介助、診察や手術の補助を行います。動物に処置をする際、保定する看護師とのタイミングが重要になるので、円滑な診察をするためには看護師とのコミュニケーションをとることが大切です。

 

  • ペットショップとブリーダー

 幼弱な犬や猫を扱うことから、帝王切開やワクチン接種、感染症のトラブルでペットショップのスタッフやブリーダーが動物病院を訪れます。

 

  • ペットフードメーカー、動物用医薬品メーカー、医療器具メーカーの営業

 営業のスタッフは、企業に勤務している獣医師の場合もあります。普段は短時間の営業ですが、新商品が出た時には情報提供のために院内で講習会を開く場合もあります。

 

  • 小動物診療施設では動物病院内のスタッフとの連携が重要。そのほか外部のペットショップ、メーカーの営業とも関わることも。

 

大動物診療施設の獣医師

  • 装蹄師、牛削蹄師

 装蹄師は馬の、牛削蹄師は牛の蹄を手入れする技術者です。大型動物にとって蹄病は命取りになりかねない重要な病です。普段は行動を共にしていませんが、時には共同で蹄病治療を行います。

 

  • 家畜人工授精師

 食肉・乳・乳製品を安定して提供するため、家畜は計画的に妊娠出産させます。獣医師は家畜人工授精師と共同で乳牛、肉牛の人工授精、不妊治療を行います。

 

  • 大動物診療施設では、家畜の病や計画的な妊娠出産の際に、専門職スタッフと共に対応にあたる。

 

保健所勤務の獣医師

  • 医師、薬剤師、保健師、栄養士など

 職場には様々な医療系の資格を持つ職員がいます。衛生指導、各種の許認可、食中毒の対応を行うことから、飲食店、介護施設、美容院、温泉施設への指導をします。

 

 また、麻薬及び向精神薬取締法薬に基づいた業務を行うことから、病院、薬局、動物病院などの取り扱い許認可、保管法の指導や残量のチェックも行います。

 

  • 医療系資格保有者と連携し、飲食店の衛生指導や医療施設の認可作業などを行う。

 

本記事は2015/06/18の情報で、内容は獣医師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する