旅行添乗員と他職種との関係

職業:旅行添乗員

264views

imasia_4758090_M

 

上手に付き合いたいバスガイド

 添乗員が最も関わることになる職種の人は、始めのうちはバスのドライバーとガイドです。バスの日帰りツアーでは、1日のほとんどを一緒に過ごしますので、当然良好な関係を保った方が、仕事がやりやすくなります。

 

 しかし、添乗員とバス会社では立場や考え方が違います。お互い人間ですので、ウマが合う、合わないということも当然でてきます。そこで、添乗員が気を付けなければいけないことがあります。

 

 観光案内はバスガイドの腕の見せ所です。ベテランのガイドに任せておけば、バスの中の雰囲気はとてもいいものになります。それを添乗員も良かれと思い観光案内をはじめると、バスガイドの仕事を奪うことになり、気まずい雰囲気になりかねません。添乗員は、バスガイドが案内できないところを補足する程度にしておきたい所です。

 

  • 未経験の添乗員はバスガイドに助けられて一人前になっていく。

 

旅行会社の社員との関係

 旅行会社にもいろいろな職種があります。

 

  • 添乗員のアサイン担当

 添乗員をどのツアーに行かせるかを決めるのがアサイン担当です。ツアーを成功させるためには、適切な添乗員を選ばなければなりません。

 

 アサイン担当者は、主にお客様からもらうアンケートから添乗員を評価します。アンケート用紙には添乗員を評価する項目があります。お客様から気に入られた添乗員は、アンケートを見れば一目瞭然です。アンケート以外にも、持っている資格や、過去の添乗経験も重要です。

 

 いずれにしても、アサイン担当の評価は、今後の仕事の量にも影響しますので、良い評価がえられるように意識しなければなりません。

 

  • 旅行会社の営業

 旅行会社には、手配旅行を担当している営業がいます。修学旅行や慰安旅行、視察ツアーなどの仕事を獲得するため、日夜営業活動に励んでいます。必至に獲得した仕事ですから、なんとか成功させたいという思いは強く、その思いは添乗業務にも表れます。

 

 添乗員は、この営業の補佐として仕事をします。やることはたくさんありますが、一言で言うと営業に満足して貰える仕事ができたかどうかが重要です。当然ツアーに参加しているお客様にも満足してもらわなければなりませんが、旅行会社の営業にも満足してもらわなければならない点が、この手配旅行の難しさでもあります。少なくとも、営業に満足してもらえれば次回から指名されることもあります。

 

  • 旅行会社から指名される様になったら添乗員も一人前と認められる。

 

派遣会社の社員との関係

 派遣会社の社員も、旅行会社のアサイン担当や営業と同じです。添乗員を評価する立場には変わりありません。ただし、派遣会社の社員は添乗業務を兼務していることも多く、もしくは、添乗経験が豊富な人が多い傾向にあります。

 

 その点では、添乗業務についていろいろと相談しやすくアドバイスもくれます。同じ添乗員という意識の元で、多くの事を学ぶ姿勢で接することが、良好な関係を築く秘訣です。

 

  • 派遣会社の管理者の中には現役か元添乗員の人が多い。

 

本記事は2015/12/03の情報で、内容は旅行添乗員としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する