芸能マネージャーの勤務時間・残業・休日

職業:芸能マネージャー

156views

imasia_8593617_M

 

芸能マネージャーは長時間労働

 芸能プロダクションで働くマネージャーの多くは、長時間の勤務と残業をこなしていることがほとんどです。1年間の休日が数日しかなかったという例もあります。それほどの状況でも続けているのは、芸能マネージャーの仕事が好きだからです。辞めることはいつでもできます。

 

勤務時間は?

 芸能プロダクションは10時から11時に始まることが多いです。一般の企業より始業が遅いのは、終わる時間が夜遅いことが多いからです。担当するタレントの仕事に同行しますので、マネージャーの勤務時間はタレントのスケジュール次第となります。

 

 ほとんどのプロダクションが、月に一度以上は全体会議をしています。所属するタレントの動向もそうですが、関わるスタッフの動向も把握しなければ、プロダクション一丸となってタレントを売っていくことができません。情報を共有することでより良い仕事を選ぶことも可能になります。

 

 激務ですが、人と人が関わる仕事ですから、自分の体が大変な時には他のスタッフが助けてくれたり、社長が現場に立ち会ってくれたりします。

 

  • 終わる時間が遅いので会社の始業時間も遅めに設定されているが、勤務時間はタレントのスケジュールによる。

 

残業・休日は?

 残業も休日もタレントの仕事次第ですし、仕事が終わってから媒体の人と飲み会をするのも、情報を得たり、仕事を獲得したりするためには大切な仕事のひとつです。もちろん、担当のタレントと一緒に会食することも重要なコミュニケーションです。

 

 残業・休日関係なく働くプロダクションもありますが、残業や休日出勤をした分は振替で休んだり、フレックス制を導入したりと、融通のきく勤務体制をとっているプロダクションは多いです。タレントもマネージャーも体が資本ですから、いくら激務でも体を壊して働けなくなっては本末転倒です。

 

  • 残業・休日もタレント次第、メディア関係者やタレントとの会食も大事な仕事。ただしフレックス制などを導入しているプロダクションは多い。

 

現場に同行しなくてもよいタレント

 マネージャーがすべての現場に同行しなくてもよいタレントもいます。アナウンサー、コメンテーター、一部のミュージシャンなど文化人としてのジャンルに属するタレントです。これは、タレント自身が打合せから収録本番までできてしまう場合です。より良い仕事を獲得することがマネージャーの仕事になります。あまりに激務の勤務体制には耐えられないが芸能マネージャーをやりたいという人は、検討すると良いジャンルです。

 

 後はネットワークを広げて、経験を積み、自分の下にマネージャーや付き人をつけて、自分の希望の時間で働けるように成長することです。

 

  • タレント本人が打ち合わせから本番まで1人でこなせる場合は、すべての現場に同行しなくても良いことも。

 

本記事は2015/05/29の情報で、内容は芸能マネージャーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する