芸能マネージャーになるには

職業:芸能マネージャー

19views

imasia_9884927_M

 

気になるプロダクションに直接連絡してみる

 興味のあるタレントやプロダクションがあれば、直接連絡してスタッフに会いましょう。やる気があり、元気で働き者なら、一度は雇ってみようと思ってもらえる可能性はあります。

 

 学生アルバイトからでも可能性はありますが、芸能マネージャーはスケジュールが過酷ですので、学業と両立して働けるプロダクションはほとんどありません。ただし、多くのプロダクションは元気で気配りのできるスタッフを探していますので、将来有望とスタッフに思ってもらえれば、学生でも採用することはあります。

 

  • まずは気持ちを行動に移し、プロダクションに連絡してみれば道が開けることもある。

 

履歴書を送る

 直接連絡をする勇気がない場合は、情熱を込めた履歴書を送りましょう。人材を募集しているプロダクションだけでなく、興味あるプロダクションも、今はネットなどで住所を検索することは簡単にできます。履歴書を送っても回答がない場合も多々ありますが、ただ忙しくて回答できないということもありますので、連絡がなくてもあきらめずに連絡をしてみましょう。

 

 興味があって履歴書を送るわけですから、連絡が来なくて諦めるようであれば、その後マネージャーとしての仕事をする上では頼りないくらいです。しっかりしたプロダクションへの入社を希望するなら、応募する段階で自分が会社を選ぶ、くらいの意気込みも必要です。

 

  • 募集をしていないプロダクションでも、履歴書を送ってみる。

 

人脈を作る

 知り合いの紹介というのが、芸能界では一番信用されやすく採用されやすいパターンです。タレントの人生が任されるスタッフの一員として、信頼できる人でなければなりません。紹介する側も慎重でしょうし、紹介してもらえるチャンスがあれば、それは活かすべきです。

 

  • 日々の生活や仕事で人脈を築き、信頼されるような仕事をして実績を作っていく。

 

やる気があれば誰でも可能性がある

 芸能の世界は、新しいことが好きで、人が好きな人たちの集団です。興味とやる気があれば、年齢不問で未経験でも歓迎される、とても開かれた業界です。ただし初めは下積みからで、激務であることは覚悟しておくべきです。

 

 付き人から始めるのは嫌で、具体的に実現したい仕事内容がある場合は、企画書を作って渡すのも有効です。プロダクションの人間は皆多忙なので、A4用紙1枚に実現したプランをまとめ、自分がなぜそのプランを実現できるかを明記しましょう。自信過剰は敬遠されますが、自己主張ができる人は歓迎される仕事です。

 

本記事は2015/05/29の情報で、内容は芸能マネージャーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する