正社員の芸能マネージャーの求人

職業:芸能マネージャー

542views

imasia_1528778_M

 

大手芸能プロダクションやレコード会社・映画配給会社

 芸能マネージャーが正社員として採用されるのは、上場しており、しっかりとした経営をしている企業です。大手芸能プロダクションやレコード会社・映画配給会社などの上場している企業は、正社員を募集しています。ただ、新卒の正社員雇用はあっても、中途採用となると契約社員からスタートする場合も多いので、正社員希望の場合は事前に確認が必要です。

 

 大手芸能プロダクションで正社員として雇用されても、給料などの条件が悪いこともあるので事前に調査しておきましょう。人脈を頼っての入社であれば大きな問題はないはずです。

 

  • 上場企業は正社員の芸能マネージャーを募集している。

 

雇用主の考え方

 正社員であれば、雇用保険や社会保険(健康保険と厚生年金)の加入、福利厚生などが整っています。一般企業では当たり前の待遇かもしれませんが、芸能の世界は移り変わりや変化が激しく、雇用主が長期雇用を考えていても、辞めていってしまう従業員を止めることができないことも多々あります。

 

 感動を求める仕事ですから、働いていても感動できない日々ならば従業員は辞めてしまい、次なるチャンスを求めることになります。小さな会社で正社員を雇うためには、雇用保険や社会保険の知識がある事務員を雇うか、税理士や労務士を雇って手続きをしなければなりません。

 

 正社員を希望するならば、応募時に質問してみましょう。雇用について真面目に取り組んでいる雇用主もたくさんいますし、一方で従業員の待遇に対してまったく興味を示さない雇用主もいます。正社員として採用するかしないかは、はっきりしています。

 

  • 人の入れ替わりが激しい業界のため、小さな会社は正社員雇用をしていないことも。雇用形態にこだわりがあるなら、事前にしっかり確認する。

 

正社員募集でなくてもチャンスはある

 芸能プロダクションの経営者の中には、初めて社長になったという人もいます。才能あるタレントを見出し、タレントと二人三脚でプロダクションを運営し、会社経営のことをあまり知らずに走り続けているような場合です。相性が合えば、そのプロダクションに参加するスタッフとして、初めての正社員になることも十分に可能です。

 

 新しいことが好きで、感動を求めて、毎日、タレントのために働く社長ですから、一緒働くスタッフが安心できる環境を整えることにも理解があるでしょう。正社員雇用を求めることは普通のことですから、応募時に交渉してみると良いです。

 

  • タレントと社長しかいないようなプロダクションに入社する場合、正社員として雇用してもらえることも。

 

本記事は2015/05/29の情報で、内容は芸能マネージャーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する