芸能マネージャーの転職と志望動機・自己PRのポイント(例文あり)

職業:芸能マネージャー

5038views

≫芸能マネージャーの[志望動機]と[自己PR]を無料添削!≪

 

 

≫芸能事務所へ転職するならプロの力を無料で借りよう≪

 

芸能マネージャーの志望動機・自己PRで大事なこと

 芸能マネージャーの採用は、中堅~大手芸能事務所においてはかなり頻繁に行われています。各社のHPにも採用情報が掲載されていますし、一般的な転職エージェントや転職サイトでも募集を見かけます。つまり、チャンス自体は多いにあるということです。

 

参考芸能マネージャーの求人事情もあわせてチェック!

芸能マネージャーの求人事情

入りたいプロダクションがあるなら、まずは人脈を作る 芸能マネージャーの仕事は、芸能人・タレントの人生を左右する仕事です。人脈と信頼を築き上げていくことが最も大切です。入りたいプ...

 

感動・共感を得られる志望動機と自己PRを

 書類選考の段階で興味を持ってもらうために、いかに魅力的な志望動機を作り上げるか、面接まで進んだ際にどれだけ印象に残る自己PRを伝えるか、ということが大事になってきます。

 

 たくさんある芸能関係の仕事の中で、とても激務である芸能マネージャーを志望するわけですから、「体力・気力に自信がある」というアピールをする人は多いのですが、これだけではもちろん自己PRとしては弱いです。採用側の目に留まりやすい芸能マネージャーの志望動機や自己PRとしては、採用する側をいかに感動させられるか、あるいは共感を得られるかという点がポイントです。 例えば下記の様な具体的な体験があれば、存分にアピールしましょう。

 

  • 「学生時代には演劇サークルに所属しておりました。公演の直前に足の怪我で役から外れてしまい、裏方に回り、共に頑張ってきたメンバーのサポートに徹することとなりました。俳優として舞台に立つことだけでなく、仲間を裏で支えることの重要性を知りました。人の為に尽くしたいという気持ちがあり、芸能マネージャーを志望しました。」

 

無理をしない、着飾り過ぎない

 タレントは一人ずつ、すべて違った才能を持っていますので、仕事のジャンルや内容も様々です。芸能マネージャーの仕事内容や仕事の時間帯も、担当するタレント次第でそれぞれ違ってきます。タレントとマネージャーは、長い時間を共にするチームだからこそ、自分に合った芸能事務所やプロダクション、タレントとの出逢いを探すべきです。

 

 「どの芸能事務所でもよいから入社して経験を積みたい」というのも一つの方法ではありますが、芸能マネージャーになりたいという思いばかりが先行するのも最善とは限りません。多忙な芸能マネージャーという仕事ですから、あまり無理をせず、自分に嘘をつかず、着飾りすぎず、自分らしさを伝えましょう。自分の得意分野や好きなジャンルを志望することで、筋の通った自然なアピールができるはずです。

 

タレントのために最大限努力できるという気持ちをアピール

 芸能マネージャーの仕事は子育てに似ているところがあります。子供のためにはどんな苦労も厭わない親のように、担当するタレントや所属するプロダクションのためにどれだけ苦労できるか、その環境をどれだけ楽しむことができるかが重要になってきます。

 

 付き人、現場マネージャー、チーフマネージャー、宣伝マネージャーなど、ポジションは様々ですが、どのような形のマネージャーになろうと、タレントを輝かせるためにどれだけ努力できるかが問われます。その熱意を自己PRに盛り込みましょう。

 

参考芸能マネージャーの転職に関するQ&Aもあわせてチェック!

芸能人のマネージャーをやるにあたって一番大切なことは?

来月から芸能事務所に入り、マネージャーの仕事になります。憧れと勢いだけで運試し的に入社試験を受けたら合格をもらって、嬉しい反面、からまわりしてしまいそうで少し緊張しています。会社で聞くのが一番だと...

 

現場の芸能マネージャー希望の場合の志望動機・自己PR

 

「人が好き」であることが大前提

 芸能マネージャーが1人で行う仕事というものは存在しません。一緒に働くタレントやその他のスタッフの一員として、協調性、人間性が重要視されます。人が好きなことは、当たり前の条件です。マネージャーになると、タレントとは長い時間を共にしますから、一緒にいる時間が苦痛になるようではいけません。志望動機や自己PRにおいては、人と一緒に働くことが好きで、それが喜びであり楽しむことができる、という点を強調すると良いです。

 

参考芸能マネジャーの仕事内容を把握して、志望動機を作成しよう!

芸能マネージャーの仕事内容(1日の流れ)とやりがい

芸能マネージャーの仕事内容とは 芸能マネージャーの仕事とは、その言葉のとおり、芸能人・タレントのマネージメントをすることです。芸能界という華やかな舞台の表に...

 タレントと芸能マネージャーの2人が最低人数のチームになるわけですが、その場合は、タレントが気に入ってくれなければ採用はありません。ただし、どうしても人手不足の場合は、気に入られなくても暫定的に担当になる場合はあります。担当するタレントが絞られている場合は、そのタレントへの思いや、どのようにマネージメントしていきたいかを具体的に語り、アピールポイントとして盛り込みましょう。

 

 また、仕事において努力は当然必要であり、努力家で向上心があることをアピールする人も多いですが、「何をどのように努力するのか」を具体的に説明することも大切です。例えばモデルやアイドルが所属する芸能事務所に応募するなら、「所属モデルを有名するために努力します」ではなく、下記の様に具体的に説明することを心がけましょう。

 

  • 「所属モデルの〇〇さんを、週刊△△の表紙を飾るまでに売り込みたいです。そのためにまずは1年でグラビアの仕事を〇本獲得、握手会での集客〇人を目指し、ゆくゆくは巻頭を飾れるように、マネージャーとしてプロモーションをしていきたいです。」

 

 また、芸能事務所の規模などにもよりますが、「芸能マネージャー募集」であっても、現場マネージャーだけはなく営業活動や新人スカウト、デスク業務やファンクラブ業務、Webサイトやブログの更新業務など、幅広い業務を任せるスタンスの事務所もあります。

 

 その場合は、様々な業務に携りたいことを志望動機に盛り込み、人間力の高さや協調性、フットワークの軽さ、物怖じしないタフな性格、事務処理のスキルなどを、記載の業務内容に応じてアピールしましょう。得意な業務は積極的に売り込んで構いません。未経験の分野は習得する姿勢も見せましょう。

 

【志望動機の例文①】美容師から営業を経て、芸能事務所の現場マネージャーに応募

 美容師として勤務しておりましたが、手荒れとアレルギーの悪化で退職を余儀なくされました。その後、美容商材の営業職に従事しましたが、美容師の頃のように人と関わる仕事がしたい、人をキレイに輝かせる仕事がしたいと思い、貴社の芸能マネージャーの職に応募させて頂きました。

 

 美容師時代にモデルの方のカットやヘアメイクのサポートをしたことがあるのですが、その時のモデルさんが貴社にいらっしゃいます。ぜひ〇〇さんの活躍のために頑張りたいと思ったのも、志望理由の一つです。カットやヘアメイクの時間だけではなく、長期間にわたって同じタレントさんのサポートをしていけることに、芸能マネージャーとしての魅力を感じています。

 

 美容師時代の悩みは手荒れのみで、体力的には問題なく勤務できておりましたので、不規則な勤務にも対応できます。営業職では社用車を運転しておりましたので、タレントさんの送迎などの車の運転も問題ありません。パソコンも日常的に使用しており、オフィスソフトも問題なく扱えますので、デスク業務にも対応できます。

 

 

  • タレントと長時間一緒にいるので、人が好きであることが大前提。タレントと共に頑張りたいという熱意を伝える。

 

営業・チーフマネージャー・プロデュース希望の場合の志望動機・自己PR

 

人脈と企画力がポイント

 芸能マネージャーの中でも、タレントの営業やプロデュースがしたい、チーフマネージャーのポジションに応募したいという場合は、現場の芸能マネージャーの志望動機とは違ってきます。自分が築き上げてきた人脈や、やりたい企画を具体的にアピールしましょう。自分の人脈や経験・実績・企画が、新しいタレントを生み、既存のタレントをより輝かせられることを強調すると良いです。

 

 芸能の世界は、新しいことや夢見ることが好きな業界ですから、同じ目標に向かうチームの一員として自分が加わることで新たな夢が一緒に見られること、その夢を実現するためのプランを、採用側に伝えるようにしましょう。

 

【志望動機の例文②】小規模事務所から、大手芸能事務所のマネージャーに応募

 小規模な事務所で女性俳優のマネージャーを務めておりました。いち劇団員からスタートし、様々な劇団への客演、雑誌や映画、ドラマの出演など、活躍の幅を広げるべく企画を持ち込み、奔走して参りました。現在は出産のため俳優業を休業、おそらく引退の方向になりそうです。今でも彼女が出演しているCMは放送されています。彼女の成長を見届けて、次は私自身が成長し、新たなフィールドで活動してみたいと思いました。

 

 貴事務所のタレントは俳優が多く、私がこれまでに携わった舞台やテレビ局の宣伝部、広告代理店のプロモーション部門などとの折衝経験が活かせると思います。トークショーやサイン会など各種イベントの企画立案や当日の進行、現場の仕切りなども問題なくこなせます。現場マネージャーの経験はもちろん、営業やプロモーションの経験をより活かしたいと思っています。

 

 

参考芸能マネージャーの履歴書の例文もチェック!志望動機の解説あり!

芸能マネージャーの履歴書の例文<※各項目の解説あり>

 芸能マネージャーへの転職において、履歴書は非常に重要です。このページでは、芸能マネージャーの方が転職時に書いた履歴書をもとに、書き方のポイントや注意点を説明していきます。今回はマネージャー経験者...

>>「芸能マネージャー」に関するQ&A一覧はこちら

 

  • 人脈と企画力によって、既存のタレントを売り出し、新規タレントを発掘できることをアピール。

 

本記事は2018/07/24の情報で、内容は芸能マネージャーとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職最大手の「マイナビ」!求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「リクルート」!マイナビエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する