役員秘書は女性が多い?

職業:役員秘書

135views

imasia_4363590_M

 

来客受付や事務補佐の業務に多い女性の役員秘書

 性別による求人は役員秘書の場合該当せず、もちろん女性のみの採用もありません。ただ、役員業務のうち、役員のスケジュール管理など事務補佐的な仕事や簡単なアテンド、来客受付は一般的には女性特性を生かし、結果的に女性を採用する場合が多いです。

 

 特に役員への来客受付などは、求人上の明記はありませんが多くは女性で、もし求人広告のイメージ写真があれば、必ず女性の写真を使っているので女性の応募がほとんどということもあります。

 

 一方で、企業側は男女雇用機会均等の趣旨が浸透してきており、性別に関係なく能力のある人を採用している傾向にあります。それは、逆に言うと役員秘書がいつまでも女性が多い仕事と言い切れなくなるということです。実際、秘書業務の中で、役員の業務そのものに専門的な補佐をしていく仕事は、男女に関係なく仕事ができます。また逆に、訪問客に男性社員がお茶出しをする企業はいくらでもあります。

 

  • 事務補佐的な仕事や来客受付などの場合には、結果的に女性を採用する場合が多い。

 

女性活用から登用を目指す企業の役員秘書

 女性の特性を生かした役員秘書を希望する場合は、求人内容をよく吟味することです。具体的な秘書業務の中に、「来客受付」「湯茶の接待」などの業務がある場合は、結果的に女性を望んでいる場合が多いです。来客受付は、企業が最初に来客者を迎え入れる玄関口として、女性を配置し柔らかさを強調します。さらに、役員に取り次ぐ時も、ややもするとピリピリしたビジネストークにならないようにする目的もあります。

 

 また、企業の事業内容をよく調べておきたいところです。たとえば消費材に近いメーカーやサービス、金融でマーケティング上、女性顧客を意識していると、受付に限らず女性の登用・活用は事業の広告塔になります。特に役員秘書は、外部顧客や取引先と接する機会が多く効果的です。また、土木・建築系の男社会のイメージを変えるため、役員秘書に女性を配置することもあります。

 

  • 女性の特性を生かした役員秘書を希望する場合には、求人内容をよく吟味しておきたい。

 

基本は男女関係なく専門能力を尊重する流れ

 女性の登用・活用と言う流れを受け、ビジネス最前線で長く活躍している女性が多くなっています。それぞれの専門分野の職務経歴は、直接補佐型秘書という、専門的アシスタント秘書として活躍できる場も広げています。

 

 マーケティング、財務、法務、語学など、どこに自分の専門性があるかということと、求人内容とうまくマッチすれば秘書採用の可能性が広がります。ただし、これらは決して女性有利な求人でも何でもなく、男女問わず能力主義であり、経験とスキルさえあればの求人です。要は役員秘書が女性だけの職場ではなくなってきたということです。

 

  • 役員秘書は女性だけの職場ではなくなってきている。

 

本記事は2015/11/30の情報で、内容は役員秘書としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する