日本語教師と外国語力

職業:日本語教師

242views

imasia_12204696_M

 

外国語ができるから日本語教師、は間違い

 日本語教師を志す人の志望理由で多いのが「外国語が話せるから」というものですが、実際の日本語の授業で外国語を使うことは非常に少なく、「外国語が得意だから」「外国語を使って仕事をしたいから」という理由で日本語教師になると、完全にあてが外れてしまいます。

 

 実際の授業では外国語を使って教えることはほとんどありません。自分が担当するクラスの外国人がすべて同じ母国語だとは限りませんし、今や国際語となっている英語が分からない学生も数多くいます。また、日本語教師は「生徒を日本語に慣れさせる」ことを念頭に授業を行わなければなりませんので、まだ日本語を勉強したことがない入門クラスでも、日本語だけで授業を行うのが一般的です。

 

 ごくまれに、自分の外国語力を伸ばしたいという理由で日本語教師を志す人もいますが、生徒は日本語教師の外国語の練習相手ではありませんので、このような人は真っ先に落とされてしまいます。

 

  • 日本語の授業で外国語を使うことはほとんどないので、外国語を活かせる職業ではない。

 

海外でも求められるのは「日本語を話す日本人」

 実は海外で働く方が、日本で働くよりもさらに「日本語を話す」ことを求められます。海外では、文法はその国の外国人日本語教師が行い、日本人の日本語教師は会話を担当するのが一般的です。

 

 海外の学校や企業が日本人日本語教師を採用する理由は、正しい発音やネイティブの話し方等を生徒に教えてもらうためですので、ここでも「外国語を使って教えてほしい」とは言われません。もちろん、外国で生活をするので日常会話や仕事上の事務連絡等で現地語が必要になりますが、採用の際の必須条件ではありません。

 

  • 海外勤務の場合も、仕事上は外国語のスキルは求められない。

 

外国語が求められる就職先

 上記に挙げたように、日本語教師にはそれほど外国語力が求められていないのですが、採用条件に外国語が入っているところも少数ですが存在します。

 

 その筆頭が日本の大学です。日本の大学に就職する場合、ほとんどのところで英語力が求められます。次に、英語圏の学校です。こちらもコミュニケーションが取れる程度の英語力が求められます。アジア圏の学校では語学力はほとんど求められません。あとは、プライベートレッスンで英語その他の外国語力が必要になることもあります。

 

  • 日本国内の大学と英語圏の学校では英語力が求められる。

 

外国語ができる日本語教師のメリット

 しかし、外国語ができることにまったくメリットがないわけではありません。外国語ができる日本語教師の最大のメリットは「外国語を学ぶ苦労が分かる」というところです。外国人にとって日本語は外国語です。日本語が母国語の日本人教師では考えもつかないところでつまずいたりわからなくなったりします。また、どんなに勉強してもなかなか上達しない生徒もいます。

 

 そういった場面に遭遇したとき、自分はどのように外国語を修得したか、どういう語学教師が良かったか、または、悪かったか、等々、自分の外国語習得経験を振り返ることで、生徒の気持ちに寄り添ったり、打開策を考え出したりすることができます。これは、外国語を修得した日本語教師だけの貴重な武器です。

 

  • 外国語を勉強する時の苦労が分かっていれば、生徒の気持ちになって考えることができる。

 

転職サイトランキング【最新版】

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

本記事は2015/05/22の情報で、内容は日本語教師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する