日本語教師になるには

職業:日本語教師

65views

imasia_2250353_M

 

プロになるなら資格は必須

 日本語教師には、小学校や中学校の教諭のような教員免許がないので、誰でも「日本語教師」として仕事をすることができます。実際、地域の日本語教室では、ボランティアとして資格を持たずに外国人に日本語を教えている日本語教師が存在しています。しかし、日本語教師を職業とし、日本語学校や国際機関での就職を目指すのならば資格は必須です。

 

転職組は日本語教師養成講座を受講

 日本語教師資格の取得方法は、大きく3つあります。

 

  • 専門学校等の民間スクールで420時間以上の日本語教師養成講座を修了する
  • 大学の主専攻、もしくは副専攻で日本語教育学を学び、その大学を卒業する
  • 日本語教育能力検定に合格する

 社会人としてすでに働いている場合、大学に入学し直して資格を取得することは現実的には難しいので、社会人から日本語教師を目指す人は日本語教師養成講座を受講するのが大多数です。また日本語教育能力検定の合格のみを応募条件としている就職先は少なく、こちらの検定合格は「あった方が良い」程度のものと認識しておいた方がよいです。

 

  • 社会人は日本語教師の養成講座を利用して資格を取るケースが多い。

 

日本語教師養成講座で学ぶこと

 日本語教師養成講座は、大体3カ月から長いところでは1年ほどをかけて420時間を修了するようにカリキュラムが組まれています。従って、働きながら夜間や週末に受講したり、会社を退職してしまってから集中して短期間で講座を受講したりと、自分のライフスタイルに合わせて受講することができます。

 

 授業内容は、日本語学、日本語教育学、音声学等、日本語教師になるのに必要な知識を技術を学びます。学校によっては教育実習を設けているところもあり、提携している日本語学校等で実際に生徒の前に立って授業を行います。

 

 日本語教師養成講座の受講料は学校によってばらつきがありますが、大体30万円前後です。受講料が戻ってくる制度等もありますので、そういったものを利用しても良いでしょう。受講生の年齢は20代から60代と様々です。また以前は女性の方が受講生が多かったですが、最近では、男性の受講生も増えて来ています。

 

  • 生活スタイルに合わせたペースで受講できる。座学のほか、提携先の学校で教育実習ができる場合も。

 

転職サイトランキング【最新版】

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

本記事は2015/05/22の情報で、内容は日本語教師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する