高収入・好待遇の日本語教師の求人

職業:日本語教師

814views

text on wall, Money

 

単価が高い企業研修

 1コマあたりの報酬が高いのは、企業での日本語研修です。1時間あたり2000円以上、高いところでは3500円前後の時給が支払われるところもあります。企業研修は、ある程度カリキュラムが決まっている日本語学校に比べ、その企業のニーズごとにカリキュラムやテキストが決められています。また企業の日本語研修では、ビジネスマナーや日本文化も合わせて教えることが多々あります。

 

 ですから、企業で教える日本語教師は日本のビジネスにも精通し、また企業ごとに臨機応変な対応ができなければなりません。そのため、時給が高く設定されています。そのほか、国際交流機関の日本語研修でも企業と同じくらいの時給が支払われることがあります。

 

  • 企業の日本語研修は求められるものが多く、時給も高め。

 

高い壁の大学勤務はやはり好条件

 企業研修よりさらに高収入が見込めるのは大学勤務です。教授、准教授の待遇がいいことは言うまでもありませんが、日本語の授業だけ教えに行く講師の立場でも、高い時給を得ることができます。

 

 ただし、大学で日本語を教えるためには、修士以上の学歴や英語力、日本語教師としての経験等が必要になりますので、転職してすぐにこちらで働くことは難しいです。

 

  • 大学勤務は正職員だけでなく非常勤講師でも好条件だが、学歴と経験が求められる。

 

新人のうちは年収よりも経験重視で

 日本語教師は経験や実力によってその待遇が大きく左右される職業です。ですので、日本語教師になって1年目からいきなりの好待遇を求めることはできません。さらに、年功序列でもありませんので、30代、40代で転職をする場合は収入が下がってしまうこともあります。

 

 しかし、優秀な日本語教師は好待遇のところから声がかかりやすくなりますし、仕事が途切れることもなくなり、結果として、高収入に結び付きます。新人のうちは、収入よりも経験を積み、自身が日本語教師として成長することに集中していくことが高収入を得る近道です。

 

  • 経験を積んでスキルを上げることが好待遇につながる。

 

転職サイトランキング【最新版】

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

本記事は2015/05/22の情報で、内容は日本語教師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する