日本語教師の需要と転職のしやすさ

職業:日本語教師

71views

imasia_2058337_M

 

日本語教師は業界内転職が多い

 日本語教師は業界内の転職が多く、日本語教師として働き始めた後も次々に職場を変えていくことが珍しくありません。その理由は、JICAなどの国際交流機関が、日本語教師を契約社員や嘱託職員として採用することが一般的だからです。

 

 そのほとんどが最長3年までの契約で、その期間を過ぎるとまた新しい職場を探して転職活動をします。特に海外で働く場合は、ビザの問題等もあり、1年毎に契約を更新して働くスタイルになります。そのため、日本語教育業界内では頻繁に採用が行われていて、新人教師の他に契約を終えた日本語教師や帰国したばかりの日本語教師も転職活動を行っています。

 

 また、一旦日本語教師として働いた後、日本語教育についてさらに深く勉強するために、大学や大学院に入学する日本語教師もいます。進学を決めた日本語教師は、在学中は仕事を休み、卒業後に現場復帰しています。

 

  • 有期雇用の職場が多いため、業界内での転職はごく普通。

 

日本語教師の需要が高まっている

 日本語教育業界は、異業種からの転職、業界内の転職が一般的であるため、未だに終身雇用の意識が根深い日本の就職市場の中では、転職に対して抵抗のない、転職しやすい業界です。

 

 また、現在は日本語教師の需要が高まっていて、日本語教師が不足している状態です。こういった理由から、日本語教師という職業は転職の候補として非常に狙い目です。

 

転職サイトランキング【最新版】

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

本記事は2015/05/21の情報で、内容は日本語教師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する