日本語教師の魅力とやりがい

職業:日本語教師

384views

imasia_10110622_M

 

国際色豊かな仕事

 世界中どこでも、日本語を勉強したいという人がいるところが、日本語教師の職場になります。他の職種と比べて圧倒的に海外に行ける機会が多いので、海外で仕事をしたい人にとっては非常に魅力的な仕事です。

 

 また、日本国内で仕事をしていても、日々さまざまな国の外国人と接しますから、日本にいながら異文化に触れることができます。時には驚くようなこともありますが、日々刺激を受けたり、日本について振り返ったりすることで、自身の国際感覚も磨かれていきます。

 

  • 海外勤務の機会が多く、日本国内にいても常に外国人や異文化に触れることができる。

 

キャリアプランを自分で決めることができる

 日本語教師の働き方は多種多様です。どこで働くか、どのように働くか、誰に教えるか、等々、自分自身で選択することができます。より良い職場を求めて転職することも可能ですし、専門性を高めたければ大学院に入学し、その後、復帰することも可能です。

 

 自分がどういった教師になりたいのか、どういうフィールドで働きたいのか、その目標に向かって自分自身で道を決めることができるのも、日本語教師の魅力の一つです。

 

  • 日本語教師の働き方は選択肢が多く、希望や理想に合わせて選ぶことができる。

 

生徒の「ありがとう」がなによりの喜び

 日本語教師の喜びは、何といっても生徒の日本語の上達です。初めは「こんにちは」も言えなかった生徒が、自分が教えた日本語で、徐々にコミュニケーションが取れるようになっていくのを見るのは日々の楽しみです。また、生徒は、大学に合格したい、仕事で日本語を使う、日本人配偶者と話をしたいなど、それぞれ様々な目的を持って日本語を勉強しています。生徒がそれらの目的を達成したときは、生徒と同じくらいの喜びを感じます。

 

 また、日本語教師は、外国人にとって最も身近な日本人の一人です。生徒の中には、日本人とうまくコミュニケーションが取れない、日本文化がわからない、日本生活になじめない、といった悩みを抱える人も数多くいます。そういった生徒たちの話を聞き、相談に乗ったり、アドバイスをしたりするのも日本語教師の大切な仕事です。

 

 生徒が目的を達成したり悩みを解決したりして、日本語で「ありがとう」と言ってもらえること。これが、日本語教師のやりがいであり、すべての原動力です。

 

  • 生徒の日本語の上達はもちろん、目標達成や困難を乗り越えたときに「ありがとう」と言ってもらえることは大きなやりがい。

 

転職サイトランキング【最新版】

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

本記事は2015/05/21の情報で、内容は日本語教師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する