日本語教師の転職と資格

職業:日本語教師

115views

imasia_2250353_M

 

免許要らずの「日本語教師」

 日本語教師は、その他の一般的な教師と違って教員免許というものがありません。言ってみれば、誰でも「日本語教師」と名乗ってしまうことができます。しかし、日本語教師として就職するには「有資格者かどうか」がポイントとなり、資格を取得していることを応募条件として課しているところがほとんどです。日本語教師の資格の取り方は以下のような方法があります。

 

  • 大学の主専攻、副専攻で日本語教育関連の科目を履修する

 全国の大学や大学院には「日本語学科」が設置されているところがあり、そこで日本語教師になるための勉強ができます。また、そのほかの外国語学科や教育学部等でも、副専攻として日本語教育関連の科目を履修できるところがあります。これらの科目を履修し、卒業することで、自動的に日本語教師の有資格者となることができます。

 

  • 420時間以上の日本語教師養成講座を受講する

 民間スクールなどでは、日本語教師養成講座が開講されています。この講座を420時間以上受講すると、日本語教師の有資格者として認められます。

 

 日本語教師養成講座では、日本語教師に必要な知識の習得や演習、教育実習までを含めて、420時間以上のカリキュラムが組まれています。社会人の場合、大学で4年間学ぶことは非常に難しいので、空いた時間を利用してこれらの講座を受講し、日本語教師の資格を取得するのが一般的です。

 

  • 「日本語教育能力検定試験」に合格する

 「日本語教育能力検定試験」という、日本国際教育支援協会が行っている検定試験に合格しても有資格者として認められます。試験は年に1回、全国7か所の主要都市で行われます。受験資格は特にありませんので、誰でも受験することができます。

 

 この試験は出題範囲が広く、専門知識が問われ、合格率も2割強に留まっています。そのため、日本語教師養成講座を受けながら受験する人が多く、独学での合格はかなり厳しいと言わざるを得ません。

 

  • 大学での専攻や養成講座の受講などで日本語教師の資格を取得できる。

 

応募条件として記載される資格

 実際の日本語教師の求人情報では「日本語教育関連の学位または420時間以上の日本語教師養成課程修了」が応募条件となっているところがほとんどです。これが大学等の高等教育機関や研究機関への転職となると「日本語教育関連の修士以上」が応募条件になります。

 

 また「日本語教育能力検定試験の合格」だけが応募条件となっているところはやや少ない傾向にあります。これは、採用する側が「暗記だけをしてとりあえず試験に合格した」人より、大学や養成講座等で、演習や教育実習などの実践的な訓練を積んできた人を必要としているという傾向を表しています。

 

  • 免許なしでも日本語教師になれるが、実際は有資格者を求めることがほとんど。大学などは修士以上など更にハードルが上がる。

 

転職サイトランキング【最新版】

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

本記事は2015/05/21の情報で、内容は日本語教師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する