日本語教師の転職と志望動機の書き方(例文あり)

職業:日本語教師

16974views

imasia_10110799_M

 

日本語教師の志望動機は変化してきている

 以前は、海外旅行や留学、海外赴任等の海外経験を活かしたいという理由で日本語教師を志望する人がほとんどでした。

 

 しかし最近では、日本に住んだり旅行で訪れたりする外国人が増加したこともあり、海外経験がない人でも日本国内で外国人と接する機会が持てるようになりました。そのため「近所に外国人が住んでいて仲良くなったから」「職場の外国人社員と接するうちに日本語を本格的に教えたいと思った」という理由で日本語教師を志す人も増えてきています。

 

 上記の様な身近な体験からでも日本語教師を目指すことは十分可能ですので、志望動機や自己PRなど、履歴書の書き方を工夫し、採用側に「会ってみたい」と思わせる魅力的な応募書類を作り上げましょう。

 

「外国語を活かしたい」は志望動機にはならない

 海外経験があったり外国語が得意な志望者は、志望動機に「外国語を活かしたい」と使いがちです。しかし、実はこれはあまり有効なアピールにはなりません。その理由として、日本語教師の仕事にあまり外国語能力が求められないということがあります。

 

 日本語教師の仕事は「外国人に日本語を教えること」ですが、「日本語で日本語を教える」のが一般的です。もちろん、生徒の母国語を話すことができれば便利な場面もありますが、クラスの中の生徒の国籍が異なっていることもありますし、せっかく日本語を勉強しているのだから教師にも日本語で話してほしいと考える外国人が大多数です。ですので「外国語を活かしたい」を志望動機の1番目にしてしまうと「仕事内容を理解していない」とみなされてしまいますので注意が必要です。

 

参考日本語教師と外国語力についてはこちらの記事もご参考下さい

日本語教師と外国語力

外国語ができるから日本語教師、は間違い 日本語教師を志す人の志望理由で多いのが「外国語が話せるから」というものですが、実際の日本語の授業で外国語を使うことは非常に少なく、「外国...

 また、少数ですが「外国人に日本語を教えることで自分の語学力も向上させたい」という人がいますが、これは不採用になる可能性が高い志望動機です。日本語教師はあくまで「日本語を教える」のが仕事なので、生徒を使って自分の語学力を向上させようという考えがあること自体、問題だとされてしまいます。

 

  • 日本語を使って日本語を教えるのが仕事。外国語のスキルはアピール材料になりにくい。

 

自分のバックグラウンドを志望動機に織り交ぜてアピールしよう

 

 日本語教師は、一旦就職した後に転職して日本語教師になった人が多く、転職がマイナスの要因にはなりません。逆に、様々な経験を持つ人が歓迎される傾向にあります。というのも、日本語教師の資質として「人生経験」と「柔軟な対応力」が求められるからです。

 

 日本語教師は日本語を教えるだけではなく、外国人の生活や悩みに深く関わっていくこともあります。また、日々接する外国人は一口に「外国人」と言ってもその国、年齢、立場などによって文化や習慣、考え方が異なり、日本語教師は臨機応変な対応をしなければなりません。時に日本人では理解できないことが起こっても、相手を尊重し、その上で自分がどうしていくかということを常に考えていく必要があります。このとき、それまでのありとあらゆる経験が大きな武器となります。日本語教師以外の経験も強みに変え、書き方を工夫し、履歴書でアピールすることは非常に有効なのです。

 

 「外国人と接したい」「外国人をサポートしたい」というのは、ほとんどの志望者が考える志望動機です。ここからさらに履歴書でアピールするには、自分のバックグラウンドを振り返り、「自分が外国人にしてあげたいこと」「自分が外国人にできること」を考えることがとても重要です。自分のこれまでの経験に自信を持ち、志望動機や自己PRを通してうまくアピールにつなげましょう。

 

参考日本語教師の適性(向き・不向き)もあわせてチェック!志望動機の書き方の参考にしよう!

日本語教師の適性(向き・不向き)

基本的に面倒見が良い人は向いている 「人にものを教える」という仕事の特性上、「困っている人を助けたい」という気持ちが根本にある人が日本語教師に向いています。日本語教師は、日本人...

  • 語学以外の部分でも外国人に関わることになるので、転職で得た経験や柔軟性、対応力は武器になる。

 

日本語教師の志望動機の例文

例文1:塾講師から日本語学校の専任日本語教師に転職するケース

 現在、集団指導塾で講師を務めております。海外旅行が好きで留学の経験もあり、最近国際交流団体でのボランティアを始めました。そこで様々な国の方たちと触れ合う中で、言葉だけでなく生活面での困りごとなどを耳にし、海外の方に日本語や日本文化を教え、手助けをすることを仕事とし、国際交流の一旦を担いたいと強く思うようになりました。

 

 貴スクールは大学留学から就職まで幅広いレベルの授業を展開しており、在籍者の国籍も様々であることから、職務を通して私自身も多くの経験を積み、人間力を高めることができると思い、志望させて頂きました。採用して頂けましたら、留学生たちの日本語力向上の為に尽力することはもちろん、生活面での困難さなどにも配慮し、日本語と日本文化を多角的に教え、支えていける教師になりたいと思っております。以前から人にものを教えることが好きで、学生時代から塾講師、家庭教師のアルバイトをしておりましたので、「教える」という点では、これまでの経験が活かせるものと思っております。

 

 

例文2:未経験から非常勤日本語教師に転職するケース

 私はアニメや漫画が好きで、大学ではアニメ・声優研究会に所属していました。そのサークルにアジア圏からの留学生が在籍しており、日本のアニメをより深く理解したいと話す様子がとても印象的で、異文化交流に興味を持つようになりました。大学卒業後は外国人観光客が多い地域でサービス業に従事しておりますが、外国人の方との会話を通して、日本語教師を目指すことを決意しました。

 

 現在、日本語教師養成講座を受講しており、間もなく修了します。貴社では「四大卒+420時間養成修了」ならば応募条件に該当するとのことで、この度応募させて頂きました。まずは非常勤講師から経験を積み、ゆくゆくは常勤講師として活躍していけるよう精進してまいります。また、海外勤務(特にベトナム)にも興味があるため、チャンスがあれば挑戦したいと思っています。

 

転職サイトランキング【最新版】

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

本記事は2018/03/26の情報で、内容は日本語教師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する