日本語教師の採用先の分類

職業:日本語教師

180views

imasia_6324364_M

 

日本語学校(国内・海外)

 日本国内の日本語学校では、主に留学生に対して日本語を教えます。多くの生徒が日本語能力検定の受験や、日本の大学や専門学校への進学を希望していますので、比較的知識に重点を置いた指導が行われます。

 

 一方、海外の日本語学校では、生徒の日本語学習の目的は留学準備から趣味など幅広く、多様な授業を行っています。また、文法は現地の日本語教師、会話は日本人の日本語教師と担当を分けているところが多いです。日本語学校は通年を通して幅広く採用活動を行っており、未経験でも資格さえあれば採用されることが可能です。

 

  • 国内の日本語学校は知識面の指導に注力、海外は留学準備から日本文化まで幅広い内容を教える。

 

大学(国内・海外)

 日本国内の大学の場合、留学生に対して日本語を教えます。大学ではさらに高度な日本語を教えたり、レポートや論文の書き方等を指導したりします。

 

 海外の大学の場合は、日本語学科の学生に日本語を教えます。日本人の日本語教師は主に会話、作文、日本文化の授業を任される機会が多いです。また、日本の大学は、修士以上を応募資格としているところがほとんどですが、海外の大学では、修士以上を取得していなくても応募できる大学もあります。

 

  • 国内の大学の指導内容はレポートや論文指導などハイレベル。海外の大学では日本語学科の授業を受け持つ。

 

学校以外にも採用先は様々

  • 民間企業(国内・海外)

 民間企業内で外国人社員に対してビジネス日本語を教えます。しかし、民間企業が日本語教師を雇用していることは非常に稀で、一般的に日本語教師は語学教師派遣業を行っている会社に登録をし、そこから企業に派遣されて、日本を教えています。

 

  • 国際交流機関

 JICAなどの国際交流機関でも、日本語教師の採用を行っています。その機関の事業に合わせて、日本国内もしくは海外の現場に1年から3年の任期で派遣されます。

 

  • 知識の国際交流会、国際協力のNGOやNPOなど

 ここまで挙げた以外にも、各地域の国際交流協会、日本語教育や国際協力関連のNGOやNPO等、日本語教師が働く場所は非常に多岐に渡ります。

 

 しかし、日本語学校の常勤講師や大学の職員として働いている日本語教師以外は、1コマごとや1プロジェクトごとに契約をして働いていることが多く、大多数の日本人がフリーランスとして、様々な現場を掛け持ちしています。

 

  • 学校以外にも、民間企業や国際交流機関など日本語教師の活躍の場はたくさんがあるが、その多くは有期雇用や1コマごとの契約。

 

転職サイトランキング【最新版】

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

本記事は2015/05/20の情報で、内容は日本語教師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する