外資系の役員秘書求人

職業:役員秘書

102views

imasia_1864849_M_R

 

英語力のある人に人気の外資系企業

 外資系の役員秘書は、役員秘書を志望する人の中でも大きな憧れです。特に、自他共に高い英語力を持つ人は、それを生かせる仕事として外資系秘書役員を志望しますが、注意しておきたい点がいくつかあります。

 

 まずは、外資系の役員秘書を志望する出発点が、自慢の英語力だけだと必ず失敗すると言うことです。英語ができることは良いことですが、英語で何が話せて何ができるのかといった点が重要です。つまりあくまで、秘書という職種が先にありきなので、順番的には、秘書をしたい、なおかつ私には高い英語力がある、という順番です。肝心の秘書力を後回しにすると採用は難しい傾向にあります。

 

  • 外資系の役員秘書を志望する出発点が、自慢の英語力だけだと失敗する傾向にある。

 

ボスにいかに取り込んで役立つか

 外資系企業の正社員の求人で、年収が500万円を超える求人が結構あることが、求める業務内容の深さを物語っています。役員のスケジュール管理や簡単な通訳、英文メールだけではここまでもらえません。外資系企業が好んで使う「セクレタリー業務」、つまり役員の本来業務に少し入り込んで資料を作成したり、時に判断に戸惑う役員にアドバイスができるレベルに対して支払われるペイメントがこの金額なのです。

 

 ペイメントにふさわしい仕事とは、役員が外国人の場合、基本的にはボスありきです。つまり、いかにボスと相性よく仕事をするかもっと言えば、いかにして気に入られるように仕事をするかです。そして求めているのは、即戦力です。これが日本人役員となると多少は情状酌量的な部分が入ってきます。

 

  • 年収が高いことから求める業務内容は深く、ボスとの相性の良い仕事や即戦力が求められる。

 

自分の一番の強みがどこかを知り派遣求人に応募

 しかし、本国や本社からのビジターに対して、親切・丁寧な接遇と観光案内ができる役員秘書もまた、外資系企業には欠かせない人材であるのも事実です。この場合の求人は、派遣社員としての求人が多くなります。これは、仕事がスポット的、定型的になるためです。結果、時間給契約が多くなります。即戦力で正確さと高い貢献度を期待しますので、他の職種にはあまり見られない高い時間給での求人が多く2000円も珍しくありません。

 

 外国人ビジターに日本文化をうまく紹介して、好印象づけることにより、ひいては取引拡大につながれば、役員秘書の手腕と評価されます。そのために、茶道、華道に通じ、また和食文化を流暢な英語で紹介できさえすれば、いちいちTOEICの点数を気にしたり、大学時代の留学経験を尋ねたりしないのが外資系求人の特徴です。

 

 外資系企業の場合、自分の一番の秘書業務の強みがどこにあり、どう売るかがポイントなのでそういった視点で求人を探します。

 

  • 派遣社員での求人では、親切・丁寧な接遇と観光案内ができる役員秘書が求められている。

 

本記事は2015/11/30の情報で、内容は役員秘書としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する