役員秘書への転職と資格

職業:役員秘書

218views

imasia_2250325_M

 

応募要件にはない有利な資格

 役員秘書になるのに絶対必要な資格は、結論から言うとありません。しかし、持っていると有利であるということは言えます。必要な資格はないという証拠として、役員秘書を募集している求人内容を見ると、求人条件や必要な資格の項目に、例えば「秘書技能検定資格保有者」や外資系企業での「CBS(国際秘書)検定資格保有者」といったものがあまり見当たりません。

 

 資格要件であるとすれば、必須ではなく、「あれば尚良し」という表現ですがこれもなかなか見つかりません。それでは、役員秘書にはまったく不必要な資格かと言うと、そうではありません。検定試験で学習する接遇の基本から、職務知識まで役員秘書には必要な知識や技能ばかりです。

 

  • 絶対必要な資格はないものの、持っていると有利となる場合も。

 

書類選考を通過するためにもまずは保有資格をPR

 求人要件に書かれない理由はひとつ、それらの知識を前職での事務経験や自己学習ですでに身に付けている人も多くいるからです。募集をかける以上、できるだけ多くの人に応募してもらい、多数の中から選考したいので、資格要件で応募者を限定しないという事情もあります。

 

 次に持っていると有利であるという理由は次のような理由です。役員秘書は志望者が多く、大概の場合が書類選考を行いますが、その時の採用担当者が書類で目を付けるのは、前職経験度に続き、資格・特技欄です。誰もが持っている資格、たとえば運転免許とかは目に止まることがありませんが、前段の秘書検定1級とか準1級やCBSなどの記入があると、書類選考を通過する確率が高くなります。採用担当者はそれらの難易度を知っているからです。

 

  • 秘書検定やCBSの記入があると、書類選考を通過する確率が高くなる。

 

面接では資格をどれだけ活用してきたかを強調

 面接では書類選考を通過した人に、書類に書かれていた資格や前職について、真偽やレベル、実績を確認します。資格であれば単なるお飾りでなく、実際の接遇経験でどういったものであったのか、役員への配慮や気配りはどの程度のものか、など実践的な経験を積んで本物になっているかどうかについて質問されます。

 

 その他、役員秘書に有効な資格や履修科目は沢山あります。語学力、ビジネス文書検定、実用マナー検定、MOS資格、パソコンスキルはじめ、直接ではありませんが、華道、書道の免状まであります。大事なことは「持っている」ということと、役員秘書に「使える」あるいは「使って仕事をしていた。」ということは違うということです。

 

  • 面接官に資格をどれだけ活用できたかPRできてこそ有効になる。

 

本記事は2015/11/30の情報で、内容は役員秘書としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する