ホテル業界の志願動機

業界:ホテル業界

629views

ホテル業界へ志願する人は外国や語学に関心がある人が多い

 グローバル社会の今では、就職・転職にもグローバル思考で臨む人が次第に増えてきているのではないでしょうか。グローバル思考とは、視点を国内だけでなく広く海外の国々や外国人に向けることです。したがって就職や転職に際しても海外や外国人と触れることが可能な職場を目指すのです。そのターゲットの一つとしてあるのがホテルと言えるでしょう。

 

 現在、日本のホテル業界は外資系ホテルの進出ラッシュが続いています。特に大都市圏ではその傾向が顕著で、このところ毎年のように外資系大型ホテルのオープンが続いています。そうしたことに関連するニュースはテレビや新聞の報道で大きくとり上げられますから、いやでも人々の関心を誘います。中でも就職先を探している学生やホテル業界で働くスタッフの人たちにとっては特に強い関心の的になるのではないでしょうか。

 

 外資系のホテルと言えば規模が大きいだけでなく、最高のアコモデーションを備えており高級感は抜群です。こうした点も就職志願者をひきつける大きな要素であるに違いありません。ホテルは高級になるほど外国人宿泊客が多いのが一般的です。外国人の中でも欧米を中心とした富裕層が特に多いのです。外資系に高級なホテルが多いのはそうした客層をターゲットにしているからです。

 

ホテルに就職すると居ながらにして外国語が学べる

 グロバール社会の今では、外国語の習得に対して人々は以前にも増して敏感になっているのではないでしょうか。中でもこれから社会に出て就職を目指す人たちは特にそうした傾向が強いようです。それだけに外国人と日常的に接するホテルを就職先に選ぶ人たちが外国語に敏感でないはずがありません。

 

 近頃では社内での公用語を英語だけにしている企業も増えてきています。社内の公用語が英語だけということは、仕事での会話も文書の交換もすべて英語だけで行うことです。そうした現実を目の当たりにすれば就職を目指す人たちが外国語に敏感にならない訳はありません。その外国語ですが、今ではホテルでも一昔前のように英語一辺倒ではありません。外国語は時代のニーズによって重要度が変わってくるからです。今そうしたニーズが英語だけでなくなってきているのです。なぜなら今海外から日本のホテルを訪れる外国人は英語圏以外からが多くなってきているからです。

 

 英語圏以外でも特にアジア圏の人が増えてきているのです。なぜ増えてきたかと言えば、国の観光政策で海外観光客誘致対策を強化したことにも原因があります。しかし、もっと大きな理由は最近の大幅な円安です。円高は日本から海外に行く人を増やしますが、円安は逆に海外から日本に来る人を増やすのです。特にこのところの急激とも言える円安の進行で、更にこうした傾向は強くなるのではないでしょうか。こうした現状にあるのがいまのホテル業界の姿です。

 

 さてそのホテルですが、世の中に職場の数は多いとは言え、およそホテルほど外国語が学べる環境にある場所は他にありません。その理由は言うまでもありません。ホテルには世界各国から宿泊客が集まっているからです。したがって外国語が学べることを志願動機にする人も結構いるのです。

 

有名人に接したいから、という動機でホテル業界を志願する方も

 very important parsonの頭文字をとった「VIP」というアルファベット3文字は、高級ホテルになるほどよく馴染むでしょう。なぜならそうしたホテルほどVIPと呼ばれる重要人物がよく訪れるからです。ホテルで言うVIPは政界の要人、経済界の大物、それに有名芸能人やスポーツ選手などになります。

 

 高級ホテルにはそうしたVIPと目される人たちが日常的に滞在しているのです。人はえてして有名人に会ってみたい、という願望を持っているものです。ホテルではそれが日常的に可能になるのです。単純なこととも思えますが、有名人に会えるからということをホテル業界への志願動機にしている人も決して珍しくはないのです。

 

 最後にまとめますが、ホテル業界を目指す人々で多いのは、グローバル社会の今では人々の外国語習得の願望は次第に強くなっています。その外国語を働きながら習得するためにホテル業界への就職を目指すのが第一の理由。次に高級ホテルほどVIPが多く、就職すればそうした有名人に会えるから、という理由が続きます。

 

 もちろんこの2つ以外にも志願動機はあるでしょう。最近はテレビの料理番組にはホテルのシェフがよく登場しています。シェフは今では男子小学生のナンバーワン人気職種になっているぐらいですから、きっとこのシェフに憧れてホテル業界の門を叩く人もいるに違いありません。

本記事は2015/02/05の情報で、内容はホテル業界での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!



「転職サイト」ならこちらをチェック

「転職サイト」で圧倒的なシェアを持つリクナビNEXT。「転職エージェント」利用の前に「転職サイト」で求人を検索したい方にはこちらがおすすめ。スカウト機能の利用も可能です。


ホテル業界に関連する基礎知識

ホテル業界TOP

  1. ホテル業界の転職動向

ホテル業界の転職の基礎

  1. ホテル業界の採用職種の分類
  2. ホテル業界の年収相場
  3. ホテル業界の志願動機
  4. ホテル業界へ転職時の面接対策
  5. ホテル業界転職時の履歴書・職務経歴書の書き方
  6. ホテル業界への転職に適した年齢
  7. 未経験でのホテル業界へ転職
  8. 経験者のホテル業界での転職
  9. 第二新卒でのホテル業界へ転職
  10. 男性のホテル業界への転職
  11. 女性のホテル業界への転職
  12. ホテル業界転職に際しての準備
  13. ホテルへの転職は何歳まで可能か
  14. 外国人留学生のホテルへの転職

職種別のホテル業界の求人

  1. 営業(セールス)
  2. マネージャー
  3. マーケティング
  4. 広報
  5. 事務・管理
  6. フロント・受付
  7. 調理師(シェフ)
  8. エステティシャン
  9. ブライダル関連
  10. ドアマン、ベルボーイ・ベルガール
  11. スチュワード
  12. ハウスキーピング

条件別のホテル業界の求人

  1. 外資系ホテル
  2. ビジネスホテル
  3. リゾートホテル
  4. 大手ホテル
  5. 海外勤務
  6. 新規オープン
  7. 高収入
  8. 英語力を活かせる
  9. 中国語・韓国語を活かせる
  10. 土日休みOK

ホテル業界コラム

  1. ホテル業界の今後について
  2. ホテル業界の現状について
  3. ホテル業界に向いてる人
  4. ホテル業界は激務?
  5. ホテル業界は人材不足?
  6. ホテル業界のアルバイト
  7. ホテル業界の契約社員
  8. ホテル業界のボーナス
  9. ホテルビジネス実務検定とは
  10. 専門学校や大学のホテルに関する学科
  11. ホテルのルームサービス
  12. 外国人客の多いホテル
  13. ホテルの「格」は何で決まるのか
  14. ホテルのスイートルームの値段
  15. ホテルとチップの話
  16. ホテルよもやま話
ページ上部へ移動する