薬剤師のスキルアップ

職業:薬剤師

5views

imasia_4757291_M

 

 薬剤師のスキルアップの方法として手軽なものは、薬剤師会や病院薬剤師会、製薬企業や卸業者などが主催する研修会やセミナー、講演会などに出席して学ぶ、または医療雑誌や書籍などを用いて自分で学ぶということなどが挙げられます。スキルアップと一言で言っても広義ですが、ここではスキルアップの事例としていくつか挙げてみます。

 

薬剤師のスキルアップの事例

  • 研修や自己学習によるスキルアップ

 現在、薬剤師会が主催しているJPALS(生涯学習支援システム)や病院薬剤師会が認定する生涯研修認定薬剤師、薬剤師研修センターが認定する研修認定薬剤師など、研修などを通して学習している薬剤師に与えられる資格というものが準備されていますが、多くの職場においてはこれらの資格はあまり重視されていません。研修に出席したとしても、それが知識として定着し業務に生かされる根拠はどこにも無いからでしょう(薬剤師がどれだけ学んでいるかということは、日々の業務の中で薬剤師と関わっている医師や看護師、患者、薬局の経営者の肌で感じる所が一番大きいのかもしれません)。

 

  • 認定薬剤師・専門薬剤師の取得によるスキルアップ

 スペシャリストとして特定の領域における専門性の追求というスキルアップの形としては、認定薬剤師または専門薬剤師の資格を取得する方法があります。これらの資格では試験を受ける必要があるため、知識やスキルが伴っていないと取得することは困難です。さらに学会に毎年参加して学会発表を行ったり、論文を投稿するなど研究発表への成果も求められています。がん領域や感染対策、漢方、緩和ケアなど様々な領域が用意されていますが、これらの専門薬剤師の資格は病院薬剤師が取得する例が多いとされますが、その他の職種の薬剤師でも取得は可能です。

 

  • OTC薬剤師におけるスキルアップ

 ドラッグストアの薬剤師に是非挑戦してもらいたいのが、症候学とトリアージ技術の習得です。OTC薬剤師の仕事は、市販薬を買い求めに来たお客様の健康相談に乗ったり、そのニーズに答えてOTCを販売することです。セルフメディケーションの普及により、重篤な疾患を持った患者さんが最初に病院ではなくドラッグストアを訪れる例が増加しています。OTC薬剤師が症候学とトリアージを学ぶことで、症状に応じて病院受診を勧めたり、市販薬で対応可能と判断したら販売をするという選択ができるようになり、お客様の信頼度も向上します。

 

  • その他のスキルアップ

 例えば、外国人の患者が薬局や医療機関に来た際に、外国語で服薬指導をしなければならないという例は多くの薬剤師が経験したことがあるでしょう。多くの薬剤師は大学時代までは英語の論文を読むなどして英語に慣れ親しんでいたはずですが、薬科大学を卒業してからは英語に触れる機会も減少します。英語のスキルを維持し、少なくとも外国人に英語で服薬指導ができるように最低限の英会話を身に付けるのも良いでしょう。

 

 薬剤師という資格はかなり間口が広いという特徴があります。健康食品、化粧品、医療用医薬品、薬物治療学、一般用医薬品、保健衛生、化学一般、感染症学など、扱う品目や学問は多岐に渡ります。薬剤師として常に学ぶ気持ちを大切にしていくことで幅広なスキルアップを実現していくことが可能でしょう。

 

本記事は2015/05/07の情報で、内容は薬剤師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界の大手「リクルートグループ」運営!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!リクナビ薬剤師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する