薬剤師の再就職(ブランクからの復職)

職業:薬剤師

64views

imasia_10422788_M

 

 

薬剤師の再就職で問題になるポイントは?

 薬剤師が再就職(復職)をするのは、出産や育児、主婦業で現場を離れていた女性薬剤師に限ったことではありません

 

 例えば、介護や病気、薬剤師の資格を持っていながら、別の業界で研究職をしていた人や、製薬企業の製造ラインの責任者や営業をやっていた人などが、改めてドラッグストアや調剤薬局、病院などで薬剤師として再就職するという事例も同じように考えることができます。

 

 

 薬剤師がブランクからの再就職をする場合の問題点は大きく分けて2つになります。1つ目は、大学時代に学んだような基礎的な薬学の知識が失われてしまっているということです。2つ目は、医療や薬物治療がどんどん進化しており、自分が知っている時代より最近の疾患や治療に関する知識が欠落しているということです。

 

 これらのブランクの問題を埋めるのはそう簡単ではありません。言い換えると、ブランクのある薬剤師の再就職においてはこれらの問題を解決できるような職場を選ぶ必要があります

 

ブランク明けの薬剤師が好む再就職先とは?

 

 ブランクのある薬剤師が再就職先として好む職場にはどんなものがあるでしょうか。例えば以下のような薬剤師の求人などは目に留まりやすいでしょう。

 

 「多忙な門前薬局でほとんどの患者はリハビリ目的の慢性疾患の患者、多くの処方は痛み止めと湿布のみ。処方箋枚数は1日30枚程度とゆったり仕事ができます。」

 

 このような薬剤師の求人に、ブランクのある薬剤師は再就職先として選びがちな傾向があるのですが、自分の失われた医薬品の知識や浦島太郎と化してしまった薬物治療の知識を取り戻すのではなく、今残っている薬剤師としてのスキルや知識の範囲内で働こうと意図して簡単な仕事を選んでしまう傾向があるのです。

 

 このように簡単な仕事を選んでしまうと、その薬局では一人前に働けるようになっても、他所では全く通用しない人材となってしまいます。ブランクのある薬剤師の再就職先は「今の働きやすさ」だけでなく、将来的に薬剤師としてどうなって行きたいのか?しっかりとその先を考える必要があるでしょう

 

ブランク明けの薬剤師におすすめの再就職先は?

 では、薬剤師としてのブランクを埋めるのに理想的な職場はどんなところでしょうか。

 

 

 理想的な再就職先としては、多くの診療科がある規模の比較的大きい総合病院の薬剤部か、もしくは総合病院から処方箋を受けている調剤薬局です。これらの施設はいずれも給与面では高額とは言い難いですが、病態から薬物治療を体系的に学ぶことができる環境にあります。

 

 このように、比較的大きい総合病院の薬剤部や総合病院から処方箋を受けている職場で4~5年薬剤師としての経験を積めば、今までのブランクは帳消しになったも同然とも言えるのではないでしょうか。それ以降は、高年収の狙える保険薬局やドラッグストアで働いたり、スポット勤務の薬剤師として働いたとしても、そう簡単に経験や知識は衰えることはありません。

 

(参照:ファルマスタッフ ※総合病院、ブランク可の検索結果)

 

 実際に、薬局運営の薬剤師転職サイト「ファルマスタッフ」で、「総合病院、ブランク可」で検索をすると、求人数は少ないものの28件のヒットがありました。年収は500万円前後、時給は2000円台前半ではありますが、スキルアップが図れると謳う病院も多い傾向にあります。

 


(参照:ファルマスタッフ ※病院・クリニック、ブランク可の検索結果)

 

 ちなみに、「病院・クリニック、ブランク可」で検索した場合には639件のヒットがあります

 

 やはり本気で今後も薬剤師として活躍したいのなら、ブランクがある薬剤師程、より高いハードルを課すべきです。学ぶことが苦手な人には辛いかもしれませんが、数年後にはどこに行っても活躍できるような薬剤師になれますし、希望通りに収入を上げることができるはずです。

 

参考病院薬剤師の中小病院と大病院の違いについての質問と回答

病院薬剤師としての中小病院と大病院の違い

薬剤師の職場として近年人気の上昇している病院ですが、病院薬剤師としての中小病院と大病院の違いを教えてください。どちらにも勤務経験のある病院薬剤師の方いらっしゃればおまちしています。...

 

育児中の女性薬剤師が求める再就職先の条件は?

 近年の厚生労働省の統計によれば、日本の薬剤師約6割が女性ということもあり、薬剤師は結婚や子育ての影響を受けやすい資格であると言えます。そういったことから、再就職を目指す薬剤師は、育児中の女性薬剤師が多いとも言えるでしょう。

 

 

 では、そんな育児中の女性薬剤師が求める理想の再就職先とはどんな職場でしょうか。下記の3点が挙げられます。

 

 1.職場の周囲の人が子育てに理解があり協力的
 2.就業時間が不規則とならない
 3.臨時休暇を取る際は代わりの薬剤師が流動的に来てくれる

 

  これらの条件を満たす薬剤師の求人は、調剤薬局やドラッグストアであれば全国規模のチェーン店と考える人が多いです。このような大規模な薬局やドラッグストアにおいては、薬剤師の勤務状況の不足を補うために各店舗に流動的に勤務する薬剤師も在籍していますので、急な休みでも取りやすい傾向にあります(周囲の人が子育てに理解があり協力的かという1つめの点はもちろん個々の勤務先によりますが)。

 

(参照:ファルマスタッフ ※検索結果)

 

 今度は、薬局運営の薬剤師転職サイト「ファルマスタッフ」で、「調剤薬局、ドラッグストア、大手チェーン、ブランク可、ママ」で、絞り込んで検索をすると、408件のヒットがありました「ママ」や「ママ薬剤師」など、細かくキーワードを設定すると、より子育て中の女性薬剤師にマッチした求人を見つけることができるでしょう

 


(参照:ファルマスタッフ ※検索結果の求人詳細)

 

 上記のように「ブランク可」という条件を掲げていつつも、「ママ薬剤師にやさしい環境」、「お子様を持つ薬剤師に理解のある環境」など育児中の薬剤師に理解のある求人も多々見られます

 

 

 また、病院の場合、薬剤師が数十名在籍するような大規模な病院であれば、臨時休暇が発生しても他の薬剤師でカバーができます。ただし、規模が大きくなればなるほど当直や日直などの休日・夜間勤務が多くなります。その場合、やはり職場としての配慮があるかどうかが重要になります。一般的に薬剤師の人員が多い職場ほど、急な休みでも取りやすいということに間違いはありません。

 

 しかし、それだけでは育児しやすい職場と呼ぶには不十分です。職員が子育てに理解があり協力してくれる職場とは結局のところ、上司や同僚に子育て中の人が多かったり、または子育ての経験者がいるかどうかに関わっています

 

 自分が子育てで大変な思いをしているのであれば、たいていは他人に対しても協力的になれるものです。逆に言えば、上司が未婚で子育て経験 が無い場合や、職員の未婚率が高い場合は、もしかすると育児への理解が少ないかもしれません。職場に託児所があるからと言って、必ずしも女性が子育てしやすい環境であるとは限らないというのは頭に入れておきましょう

 

育児中に再就職する場合の託児所事情は?

 例えば中堅以上の製薬企業であれば、従業員数がそれなりに多くなるため、会社内に託児所がある場合が多くなります。しかし、24時間対応はしていないことが多いため、定時で帰宅できる研究職、開発職、学術などの職種の方には良いですが、生活が不規則となるMR職では利用しにくいかもしれません。実際問題として、子育てをしながらMR職を継続するのは容易ではないと言われています。

 

 また大規模病院には常勤の保育士が在籍している託児所が設けられ、24時間365日体制で利用できる事例が多いです。これには子育て中の医師や看護師などが当直や夜勤、日祝日の出勤などを担えるようにするという目的があります。中小病院であっても託児所が設けられているところも多いです。ただし、病院規模が小さくなるとそれだけ保育される子供も少なくなるため、在籍する保育士も少なく、24時間体制でない場合が多いとされています。

 

 

再就職する薬剤師に不向きな職場は?

 薬剤師の採用先も多種多様で、そもそも現実的に「協力できる人そのものがいない」職場もあります。つまり、代わりとなる薬剤師がいない職場です。こういった職場はあまり再就職には向きません。

 

 小規模な調剤薬局や中小病院においては一人薬剤師体制の職場も多く存在します。そのような職場では臨時で休みを取ると運営に支障が生じるため、病欠などの相当な理由が無い限りは休みを取ることができません。このような職場は給料が比較的優遇されている場合が多いですが、育児中の女性の視点では働きにくい求人であると言えます。

 

 また、時間的に不規則となる職場も育児には向かないでしょう。製薬企業の営業職(MR)や麻薬取締官などが該当します。これらの職種は結婚や出産を期に、調剤薬局や病院、ドラッグストアなどの薬剤師に転職することが多いようです。

 

参考休みが取れず転職を考える子持ち薬剤師の質問と回答

子持ち薬剤師、休みが取れず転職を考えています

1歳の子供を持つママ薬剤師です。育休明けの時短勤務で復帰をして半年ほどになります。もともと産休前にいた店舗では復帰ができず、別の店舗で復帰をしています。産休前にいた店舗では薬剤師が5名ほどいたので...

実務未経験から再就職を目指す薬剤師の仕事探しのポイントは?

 薬剤師の資格を持っていながら、別の業界で研究職をしていた人や、製薬企業の製造ラインの責任者や営業をやっていた人など、薬剤師としての実務が全くの未経験という状態から、改めてドラッグストアや調剤薬局、病院などへ再就職を目指すという場合もあるでしょう。

 

 そういった実務経験がない場合には「教育制度あり」や「研修制度が整っている」、「ベテラン薬剤師がいる」などを掲げている薬剤師求人を探していくといいでしょう

 

(参照:ファルマスタッフ ※検索結果)

 

 再び薬局運営の薬剤師転職サイト「ファルマスタッフ」で、「未経験可、ブランク可、教育制度あり」で、薬剤師求人を絞り込んで検索をすると35254件ものヒットがありました。未経験及びブランクがあっても転職しやすいということがわかります

 

 これは、実務経験ありなしに関わらず、転職時に再研修が必要となる場合が大半であったり、未経験のため給与が抑えられたり、調剤行為・薬学的管理指導における薬局や病院の報酬は決まっているものの、未経験の薬剤師でもベテラン薬剤師でも全くこの報酬額が同じという理由が挙げられます。そういったことから、一般薬剤師の求人の場合には。経験豊富で給与の高いベテラン薬剤師を雇うメリットがあまり無いと考える薬局や病院も多いのです。未経験の薬剤師にも、十分再就職のチャンスはあります

 

参考調剤薬局に転職を希望する調剤未経験の薬剤師の質問と回答

調剤未経験の薬剤師ですが、調剤薬局に転職できますか?

私は現在ドラッグストアで薬剤師をしています。調剤室が併設されている店舗もありますが、私が勤務しているのは調剤室のない店舗なので、調剤業務の経験はまったくありません。今後のことを考えて、調剤薬局への...

 また再就職時に限らず薬剤師の資格を持って新しい職場を探す際は転職サイト・転職エージェントを使った方がいいというのはここで言うまでもありません。下記のランキングなども参考に戦略的に再就職活動を進めましょう。

 

参考薬剤師の再就職活動に使える転職エージェント一覧

薬剤師転職サイトランキング【2018年度版】

 薬剤師の転職は「売り手市場」が続いています。それに伴い、薬局・ドラッグストア・病院・医薬品関係企業など様々な業界で多くの薬剤師の募集が出ています。このような雇用先に就職するにはど...

 

本記事は2018/06/08の情報で、内容は薬剤師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界の大手「リクルートグループ」運営!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!リクナビ薬剤師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する