20代の柔道整復師の転職例

職業:柔道整復師

15views

建設会社から柔道整復師へ(22歳 福岡県在住)

 

男性(20代)

 高校卒業後は、大学や専門学校にも進学せずに建設関係のアルバイトをしていました。そこから正社員になれたのですが、23歳の時に母親が事故に遭遇し、接骨院で治療を受けました。

 

 それがきっかけで母から柔道整復師を勧められ、建設会社を辞めて接骨院でアルバイトをしながら専門学校へ通い始めました。3年間通って国家試験に合格し、その接骨院で正社員として勤務しています。今では先生と呼ばれるようになりました。建設関係の仕事も良かったですが、手に職を付けることができて、将来ずっと続けられるこの職に就けた事に感謝しています。

 

サラリーマンから柔道整復師へ(28歳 大阪府在住)

 

男性(20代)

 大学を卒業してからごく一般的な会社に就職し、サラリーマンとして働いていました。ある時、高校時代の同窓会で、柔道整復師として接骨院に勤めている友人の話を聞いて非常に魅力を感じ、思い切って会社を辞めて専門学校に入学しました。夕方まで学校、夜はリラクゼーションの会社でバイトをしながら技術を学び、専門学校卒業後に資格を取って、友人が院長を勤めている接骨院に就職しました。

 

 自営業なので社会保険などはありませんが、基本給も前の職場よりは多く、来患が多い時には寸志も出ます。いつかは自分も院長を経験して独立したいと考えています。

 

柔道整復師から機能訓練指導員へ (24歳 広島県在住)

 

女性(20代)

 高校卒業後、接骨院の先生になる為に専門学校に通い、資格を修得しました。学生時代から働いていた接骨院は流行らず、技術向上の為に思い切って退職しました。

 

 色々な職場の面接を受けたのですが、株式会社で機能訓練指導員の募集を見つけて応募しました。母体は接骨院で、様々な分野への事業を展開し介護施設なども手掛けている会社だったので、柔道整復師としてだけではなく色々な事に取り組みたいという意欲をアピールし、採用されました。

 

 機能訓練指導員としてのマッサージなどの経験があまりない私でも日々やり甲斐を持って仕事をさせていただいています。日々の変化は感じにくいですが、会社組織という事で社会保険や厚生年金もあり、年に2回の賞与もあるので転職して良かったと今でも感じています。

本記事は2015/04/28の情報で、内容は柔道整復師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する