残業なし・少なめの柔道整復師の求人

職業:柔道整復師

26views

imasia_6581316_M

 

残業なしの職場は存在する?

 職場によって様々ですが、全く残業なしという職場はほとんどありません。時間内に決められた仕事を毎日こなせていれば問題はないのでしょうが、どの職場にしても正社員で働く場合には多少の残業は止む無しと考えましょう(もちろんパートやアルバイトの場合はその限りではありません)。

 

 サービス残業をするケースもありますし、早く仕事を終わらせたとしても自主的に残業することもあります。ただ、スタッフの人数が多く、受付時間を決めている職場は残業が少ない傾向にあります。

 

  • 病院は残業が少なめ

  やはり一番残業が少ない職場は病院です。スタッフの数も多いですし、仕事内容がある程度決まっていて、受付時間もしっかり決められているので、定時になれば退社しやすいです。ただし、自主的に勉強したり、書類作成などの事務業務が発生することもあるので一概に残業なしとはいえません。

 

  • 介護・福祉施設も比較的残業が少ない

 介護・福祉系の職場も比較的残業が少ないです。ここでもデイサービススタイルなどで送迎時間が決められていますので、自分のやるべき仕事が終わっていれば残業も少なく、すぐに帰ることができます。

 

 ただし、柔道整復師が務めることができる機能訓練指導員という仕事は、利用者一人ひとりの訓練計画書を作成しなければならないので、その時間をどこでうまく取って作成を終わらせておくかが重要です。1日の利用者様の体調管理や状態などもしっかりと記載しなければなりません。それらの書類作成が時間内にできれば、早めに帰ることも可能です。

 

  • 接骨院は残業が多い

 接骨院で働く場合、残業はよくあるので覚悟しておいた方がいいです。理由としては患者さんの来る時間が決まっていないこと、事務処理や片付けなどの雑務もあるからです。

 

 接骨院によっては、最終受付時間をしっかりと決めて、片付けなどは受付や他のスタッフが行ってくれるところもありますので、その場合は遅くまで残業をしなくてもよいかもしれません。しかし、一人で運営している場合や院長の場合はレセプトなどの事務処理が多く、月末などには遅くまで残って事務作業をすることが多いというのが実情です。

 

  • リラクゼーション会社も残業は多め

 リラクゼーションなどのお店でも同様に、最終受付時間ぎりぎりにお客様がいらっしゃったり、ロングコースになることで時間がかかってしまい残業になることが度々あります。歩合給がつく場合はそれでも仕方ありませんが、つかない場合は、残業が続くと体力的にも経済的にも辛くなってしまいます。

 

 ただし、決められた時間のローテーションで働くような職場であれば、時間になれば次のスタッフと交代して上がれますので、働く会社によって残業は様々です。

 

  • 病院、介護・福祉系施設は残業が少なめ。接骨院やリラクゼーション施設は残業が多い傾向。

 

本記事は2015/04/28の情報で、内容は柔道整復師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する