リラクゼーション業界(癒し業界)の柔道整復師の求人

職業:柔道整復師

10views

imasia_14278392_M

 

リラクゼーション業界・癒し業界での仕事

 リラクゼーション業界でも柔道整復師の求人があります。ただし、柔道整復師だけを募集しているわけではなく、整体師や按摩マッサージ指圧師など、揉みほぐしやマッサージの技術を持った有資格者を募集している会社があるという事です。なお、有資格者限定の募集ではなく、資格手当てという形で記載されている事が多いです。

 

 技術面が優れていることが前提ですが、リラクゼーションをする為にお客様に付くだけではなく、スタッフの技術指導などを任される仕事もあります。リラクゼーション業界では、今までにマッサージや揉みほぐしの経験がない素人の人でもパートなどで雇用するからです。そのような未経験のスタッフに技術指導をして、お客様に満足していただけるレベルに育てる仕事を任されることがあります。

 

 もちろん会社によって違いますので、人に教えたりするのが苦手な場合には徹底してリラクゼーションスタッフとしてお客様を施術することも可能ですが、色々なことが出来るスタッフの方が手当てなども貰えて優遇されます。

 

  • お客様の施術だけではなくスタッフへの技術指導もできれば優遇される。

 

求人の探し方

 柔道整復師の求人を探すよりも、リラクゼーション業界や癒し業界のスタッフという条件で求人を探す方が見つけやすく、応募しやすいです。ただし、会社によっては資格を持っていても手当てが付かない場合もありますので、求人情報をよく読んでから応募しましょう。

 

 リラクゼーション業界が流行り始めた頃は、柔道整復師も技術者として手当てが付いて重宝されましたが、時代の変化と共にリラクゼーション業界や癒し業界も一時期と比べると下火となっています。技術よりも単価を安くして回転率を上げる事を目的とした会社が多くなり、技術を持った柔道整復師もそれほど必要とされなくなっているのが現状です。

 

  • 柔道整復師の技術は昔ほど求められていない。資格手当がつかないこともある。

 

仕事のメリット、デメリット

 リラクゼーション業界の仕事のメリットは、お客様からの指名をいただいたり長いコースに入ることによって給料が変わるということです。つまり入れば入るだけ収入が増えます。最近では都会や中心街で夜中まで営業しているお店もあり、夜に強い人やバイト感覚で副収入を考えている人にとっては働きやすい環境となっています。

 

 反対にデメリットとしては体力が全てですので、無理をして腰を痛めてしまう人もいますし、体調を崩してしまう人もいます。仕事に入る事ができなければ、一円の稼ぎにもならない恐れもあります。

 

 若い間は本職としてでも副業としてでも働ける仕事ですが、年齢を重ねてからの転職としては辛いです。ただ、この業界で仕事をしていれば、自宅開業でリラクゼーションのお店を持つための技術的なノウハウは手に入るので、将来的にそのような開業を目指しているなら勉強も兼ねて働く事はお勧めです。

 

  • 多くのお客様を担当すれば給料が増える。一方で体力勝負なので体を壊すと収入が激減する。

 

本記事は2015/04/24の情報で、内容は柔道整復師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する