介護施設・福祉施設の柔道整復師の求人

職業:柔道整復師

11views

imasia_6946757_M

 

介護系・福祉施設の求人は増加中

 介護施設や福祉施設などの求人は最近一気に増えています。柔道整復師を中心に求人を出している会社は併設で接骨院を手掛けている事が多く、経営者も柔道整復師の人が多いです。

 

 介護・福祉施設で柔道整復師を募集する時は、機能訓練指導員と表記していることもあります。柔道整復師や理学療法士、按摩マッサージ指圧師などは、リハビリや機能回復の訓練指導をするための資格で、施設を開設する際には必ず一人以上必要な存在です。この資格を有する人材で、雇う際に最も募集をかけ易く雇いやすいのが柔道整復師なのです。

 

 高齢化により介護を必要とする高齢者が増えた事と、学校増設によって増えた柔道整復師、そして接骨院の営業不振による経営のシフトチェンジ、これらの理由により機能訓練指導員を目指す柔道整復師も増えてきました。

 

  • 柔道整復師の増加と接骨院の減少、高齢者の増加などがの要因が重なり、介護・福祉施設の求人が増えている。

 

介護・福祉施設の求人の探し方と仕事内容

 介護施設の求人も雑誌やインターネットで簡単に見つかります。そのほとんどは株式会社で、他にも事業をしている場合が多いです。雇用形態は正社員やパートなどがあり、正社員の場合は社会保険や厚生年金はもちろん、社宅手当や家族手当などもしっかりと保証してくれるところもあります。パートでは半日だけの勤務なども可能で、時間給で働く事ができます。時給は1000円以上のところも多いです。

 

 介護施設や福祉施設が柔道整復師に求めている人材は、高齢者の方と笑顔で接することの出来る人です。接骨院などで働く場合とは違い、治療をするという考え方はあまりありません。利用者一人ひとりに対してのリハビリや、機能を回復させるため訓練指導、体力の維持向上が目的なのです。

 

 働く場所によっては決められた訓練指導だけを行いながら利用者様とコミュニケーションを取るところもあれば、自身が一人ひとりに必要な訓練計画を作成して実施していくところもあり、仕事内容は様々です。ただ、治療ではなく毎日同じようなリハビリ訓練をすることがメインですので、治療家や技術者を目指している人には不向きな職場です。

 

  • 高齢者と明るく笑顔で接することが大切。リハビリがメインの仕事内容となる。

 

介護・福祉施設に転職する時の注意点

 今後も高齢者が増え続け、介護系の施設が増える事により柔道整復師の需要も高まると考えられます。正社員としてしっかり保証されているので長く就業するには良い環境ですが、独立開業といった形にはなり難いです。

 

 ただし、接骨院や介護施設だけでなく色々な経営に携わっている会社では、機能訓練指導員という仕事だけではなく様々な取り組みに参加出来るところもあります。他にも会社によっては何店舗かを運営して店舗管理者を任される事もありますし、大きな会社ではエリアマネージャーなどの役職を設けているところもありますので、そういった意味でのやり甲斐はたくさんあります。

 

  • 独立開業はしづらいが、管理者やエリアマネージャーなどの役職に就けることもあり、やりがいがは大きい。

 

本記事は2015/04/24の情報で、内容は柔道整復師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する