土日休みの薬剤師の求人探しの方法は?土日休み病院や調剤薬局の特徴は?

職業:薬剤師

15views

 

 

土日休みの薬剤師の求人

 「土日は家族や友人と過ごしたい」、「週末はしっかりプライベートを優先させて楽しみたい」など、そんな考えをお持ちの薬剤師の方も、多くいらっしゃるのではないでしょうか。さて、土日休みの薬剤師の求人はどれくらいあって、さらにどういった職種=業種があるのでしょうか。詳しくご紹介していきます。

 

 

 多くの調剤薬局やドラッグストア、病院の薬剤師の求人については、その職場によって土日休みかどうか大きく異なります

 

 例えば、門前薬局でしたら病院の診療日に大きく左右されますし、ドラッグストアでは、チェーンや店舗の形態によって土日に休めない店舗ももちろんあるでしょうし、スタッフの人員が足りない場合には、休日出勤しなければならないタイミングも中にはあるでしょう。

 

 ですが、ドラッグストアなどのOTC販売の薬剤師の中には、意外にも土日休みとなる場合があります。これは平日に保健所の監査が行われる可能性があり、平日に管理者である薬剤師が出勤する必要があるためと言われています。週末は一類医薬品の販売を行わずに、登録販売者のみが出勤するドラッグストアも、昨今では多い傾向にあります。

 

 さらに、病院薬剤師については、基本的に入院患者さんの対応となるため、休みは土日休み等関係なくシフト制となる場合も多いようです。

 

 

  反対に製薬会社の研究職、臨床開発職、学術職、MRやCROのCRA、SMOのCRC、医薬品卸業者の管理薬剤師など、いわゆる「企業勤め」と呼ばれる薬剤師については、そのほとんどが土日休みとなり、この点は一般企業と同様になりますので、土日に休みたい薬剤師にぴったりな職場と言えるでしょう

 

 ただしMRの場合は、土日に接待や講演会などで勤務が生じることももちろんあります。

 

 また、公務員の薬剤師においても基本的に土日が休みとなります。ただし、これは保健所や薬事情報センターなどの行政職や研究所の薬剤師が該当し、公立病院や自衛隊など薬剤師は対象から外れるでしょう

 

土日休みの薬剤師の求人数は?

 ここからは、土日休みをこだわり条件に上げている薬剤師の求人を実際に見ていきましょう。まずは、大手薬剤師求人サイト「薬キャリ」で、土日休みの薬剤師求人について調査を行いました。

 

薬キャリ 全国×正社員×土日休みの検索結果)

 

 早速「薬キャリ」で、全国×正社員×土日休みの薬剤師求人を検索で絞り込むと、5319件もの薬剤師求人のヒットがありました。

 

 それぞれの業種の特性上、土日休みの業種については限られてしまうこともあったりはしますが、5000件以上の求人があることから土日休みである薬剤師の求人数は多い傾向にあると言っていいでしょう。選びすぎなければ土日休みの職場に転職するチャンスはあります

 

薬キャリ 全国×パート×土日休みの検索結果)

 

 さらに土日休みの薬剤師求人については、正社員だけでなくパート・アルバイトでの薬剤師募集も多い傾向にあります。同じく「薬キャリ」で、全国×パート×土日休みの薬剤師求人を検索で絞り込むと1716件のヒットがありました。

 

 例えば、土日休みの正社員の求人を探しても、自分にマッチする職場がなかなか見つからなかったり、ちゃんと休めるか不安と言う育児中のママ薬剤師などの場合には、土日休みのパート薬剤師求人に応募するのも選択肢の一つとなるでしょう

 

 また、自分にマッチする土日休みの薬剤師求人が見つからないけれど、どうしても正社員として土日休みの職場に転職したい場合には、薬剤師専門の転職エージェント(登録無料)に無料登録することを是非おすすめしたいです!

 

 なぜなら、こういった薬剤師専門の転職エージェントの中には、公開されていない非公開求人があったり、コンサルタントのサポートを受けながら、効率的に転職活動がすすめられるからです。

 

 次に、土日休みの薬剤師求人を募集している職場=業種についてです。

 

薬キャリ 全国×正社員×土日休みの検索結果)

 

 引き続き「薬キャリ」の全国×正社員×土日休みを見ていきましょう。絞り込んだ検索結果5319件の業種内訳については、調剤薬局2861件、企業1152件、病院684件、調剤薬局・OTC販売325件、その他266件と続きます。

 

 やはり全体の母数から調剤薬局の薬剤師求人件数が圧倒的であり、次いで土日休みが多いとされる企業薬剤師については薬剤師の求人件数が1000件を超えています。そういったことから、調剤薬局や企業については比較的転職しやすい職場と言えるでしょう。

 

土日休みの薬剤師の年収は?

 今度は土日休みの薬剤師の年収についてです。引き続き大手薬剤師求人サイト「薬キャリ」で調査して行きましょう。

 

 求人を見ていくと、基本的には土日休みでもそうでなくても、薬剤師の年収にさほど違いはない傾向にあります。

 

薬キャリ 全国×正社員×土日休み×高年収の検索結果)

 

 「薬キャリ」の全国×正社員×土日休みの検索結果5319件から、さらに年収600万円以上の高年収求人で絞り込んだところ、2194件の薬剤師求人がヒットしました

 

 高年収の求人数は先ほどの検索結果5319件の半数には届かないものの、3分の1以上の割合で、土日休みであっても他の求人と変わらず600万円以上の高年収を得られる可能性があると言うことがわかります。ちなみに、高年収である職場は、調剤薬局がもっとも多く、次いでOTC販売を含む調剤薬局、その次に病院という順です。

 

 土日休みと言う条件を希望しても、高年収を得るチャンスがあると言うことがわかりました。

 

参考薬剤師の年収平均

薬剤師の年収平均(都道府県別ランキング・採用先別比較など)

 薬剤師は資格職ゆえに、雇用も安定していて年収が高めのイメージもありますが、このページでは厚労省などの公的なデータをもとに実際の薬剤師の平均年収(都道府県別ランキングや採用先別の比...

 

土日休みの薬剤師の特徴

 ここからは、土日休みを掲げている薬剤師の職場の特徴について、詳しく解説していきます。

 

 

土日休みの調剤薬局薬剤師の特徴

 原則、調剤薬局(門前薬局)においては、近隣の病院やクリニックの診療日次第で、当然薬剤師の休日も大きく変わってきます

 

 個人経営の診療所やクリニックにおいては、土日が休診または木曜日と土曜日が午前中のみの診療となり、日曜日が休診となる場合が多いため、調剤薬局(門前薬局)もそれに合わせた開局となり、薬剤師も開局曜日・時間に合わせて出勤します。

 

 中小病院の調剤薬局(門前薬局)であれば、土曜日は午前中のみ診療で日曜日のみ休診となるところが多くなりますが、土曜日の診療は非常勤医師が行うことが多く、患者数も少なめです。そのため、土曜日の勤務は薬剤師が交代で出勤することが多く、原則土日休みとなる場合もあるのです。

 

 

 大規模な総合病院の調剤薬局(門前薬局)であれば、日曜日以外の処方箋が常に多くなるため、原則日曜日を休日として、それ以外の平日または土曜日で1日週休を取るという薬剤師の勤務体制が多いとされています。

 

 病院やクリニックの診療体制以外の要因としては、土曜日にアルバイトの薬剤師や経営者が出勤するような薬局では完全に土日休みとなりますが、これは規模の小さい薬局に限定されるでしょう。ただし、基本的には土日休みであっても、近隣のクリニックや病院が当番医の場合には、日曜日でも開局する必要があるため、1~2か月に1回程度は日曜日に出勤があると言う可能性もあります

 

 逆に、ドラッグストア併設の調剤薬局の場合には、そのドラッグストアによって土日出勤が必須と言う店舗があったり、スタッフの人員不足などでの代理出勤を求められる場合もありますので、その点について事前にしっかりと確認しておきたいところです

 

参考調剤薬局薬剤師は急な休みがとりにくいと思いませんか?

調剤薬局の薬剤師って急な休みがとりにくいと思いませんか?

私の勤めているチェーンの薬局では急な用事や体調不良があっても休みがとりにくいです。急な体調不良で仕方なく休む場合があるのは仕方ないと私個人としては思います。私の薬局の薬局長はカゼで休みたい...

参考長時間労働・休日出勤ばかりのドラッグストアを辞めたい

長時間労働・休日出勤ばかりのドラッグストアを辞めたい

私は30歳男性、現在ドラッグストアの店長をしています。しかし労働時間の長さ、休みの少なさから転職を考えています。給料やボーナスについての不満はありませんが、労働状況にひどく不満を感じています。...

 

土日休みの病院薬剤師の特徴

 病院薬剤師は他の業種と比較すると、やや土日休みから縁が遠いと言えるかもしれません。その理由は、病院に入院している患者さんにとっては、平日・休日はあまり関係ないからです。

 

 

 入院患者さんにおいては、もちろん休日でも必要があれば処方が発行されますので、薬剤師が調剤をする必要があります。

 

 特に大規模病院の場合は、土曜日も通常勤務ということもあり、日曜日の当番や夜間の当直ももちろんあるでしょう。薬剤師の出勤体系は、週休2日または月9日休みとなっている場合が多いですが、シフト制のため休みの日は不規則となります。

 

 ですが、病院薬剤師においても土日休みの求人は少数ながら存在しています。薬剤師1名で勤務しているような、有床診療所や小規模病院においては、多くが土日休みとなっている場合もあるでしょう。また、中規模病院においても、土曜日は薬剤師が交代で勤務しているところもあり、そのような施設の場合には原則土日休みとなります。

 

参考病院薬剤師を辞めたい。皆さんが転職の際に重視したことは?

病院薬剤師を辞めたい。皆さんが転職の際に重視したことは?

私は薬剤師5年目です。病院に勤務しています。今転職を考えています。病院に勤めだした頃はこのまま一生病院薬剤師でと考えていたのですが、5年も働いていると業務内容はほぼ滞りなく行えるようになり、どこか...

 

薬剤師が土日休みの職場への転職を成功させる方法

 前述したように土日休みの薬剤師求人は、調剤薬局や企業の求人が多いという事がわかりました。

 

 比較求人数が多い土日休みの薬剤師求人の求人から、自分にぴったりな職場の薬剤師求人を見つけ出すのは、中々難しいところもあるのではないでしょうか。

 

 そういった場合におすすめなのが、薬剤師専門の転職エージェントに登録することです。やっぱり、自分の希望する条件に合った、土日休みの薬剤師求人を紹介してもらいながらの方が、スムーズに転職活動が進んで良くでしょう

 

 

 また、土日休みの薬剤師求人の中には、もちろん非公開求人もあります。例えば薬剤師の転職エージェントに登録している場合、自分の条件にぴったりな、土日休みの非公開求人(薬剤師求人)を紹介してもらえる場合もあるでしょうし、管理薬剤師の求人先との条件交渉などでの転職活動の負担軽減をはじめ、面接の合格率アップにもつながって行きます。

 

人気の薬剤師転職エージェント
人気1位 ファルマスタッフ
人気2位 リクナビ薬剤師
人気3位 マイナビ薬剤師

 人気の転職エージェント(登録無料) で、まずは土日休みの薬剤師求人を探してみませんか。

 

本記事は2018/07/04の情報で、内容は薬剤師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 転職業界の大手「リクルートグループ」運営!ファルマスタッフと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する