薬剤師の田舎(地方都市・僻地など)での求人事情・年収事情

職業:薬剤師

328views

imasia_10845045_M

【※記事を読む前に】転職エージェント登録がまだの方へ

 このページでは田舎(地方都市・僻地など)の薬剤師求人事情について、都会の薬剤師求人事情などと比較しながら現状を解説していきます。記事をお読みいただく前に、転職エージェントへの登録がまだの方はまず大手に1社登録しましょう。本文の中で転職エージェントでの検索解説がありますので事前準備をお願いします。

 

転職サイト ポイント 口コミ
リクナビ薬剤師 大手リクルートグループ運営。キャリアコンサルタントも全国配置で提携薬局なども全国に点在。国内の僻地で求人を持漬けたい場合も田舎へ移住したい場合も全てカバーする大手サイト。 口コミ
マイナビ薬剤師 マイナビグループ運営。田舎や僻地の求人探し中の薬剤師さんの悩みを全て受け止めます。例えば沖縄県内でサイト内検索すると公開求人だけで269件ヒット!この他に非公開求人も多数。 口コミ
ファルマスタッフ 調剤薬局を運営する企業が提供する転職エージェント。特に田舎や僻地の「調剤薬局」に強みがあり、中でも自社で運営する日本調剤へ転職したいならこのサイトが一番の近道。 口コミ
薬キャリ 医師や薬剤師が多数登録するサイト「エムスリー」が提供する転職サイト。例えば沖縄で検索するとこちらは412件のヒットあり。田舎・僻地での求人数の多さは随一のサイト。 口コミ

 

都会に比べ田舎(地方都市・僻地など)は薬剤師不足の傾向

 薬剤師は日本全国に約30万人の資格保有者がいますが、その勤務地や生活圏には偏りがあります。下記は、都道府県別に人口10万に対して薬剤師数のがどれくらいいるのかをまとめたデータです。これを見ると、1位の徳島県の220.9人に対して最下位の沖縄県が134.7人と都道府県別でかなりの開きがあります。また薬剤師の絶対数としては、当然ですが人口の多い東京・神奈川・大阪などの首都圏の方が多くなります。

 

  人口10万人あたりの薬剤師数(人) 薬剤師の絶対数(人)
徳島 220.9 2,610
東京 218.3 48,813
兵庫 214 14,616
広島 203.9 7,021
山口 200.7 3,372
香川 199.4 2,415
神奈川 197.3 22,104
大阪 197.1 25,632
福岡 195.7 11,794
高知 192.2 1,706
佐賀 191.9 1,907
宮城 182.9 5,354
和歌山 181.9 2,288
長崎 178.6 2,901
石川 178.5 2,689
千葉 176.2 13,556
岡山 175.8 4,121
北海道 175.6 11,321
長野 175 4,393
京都 172.6 6,263
熊本 171.5 3,724
秋田 171.1 2,009
滋賀 170.5 3,100
愛媛 170 2,832
山梨 169.2 1,707
静岡 169 8,144
鳥取 168.4 1,134
茨城 167.4 6,605
鹿児島 166.4 3,098
埼玉 165.8 15,100
大分 164.8 2,221
奈良 163.8 2,791
島根 162.2 1,316
新潟 160.8 4,403
富山 159.7 2,813
群馬 159 3,798
三重 158.7 3,402
栃木 158.2 3,934
愛知 157.9 14,684
岐阜 156 3,868
福島 155 3,582
宮崎 152.4 2,037
岩手 150.2 2,303
山形 149.8 2,035
福井 145.1 1,426
青森 143.5 2,210
沖縄 134.7 2,171
合計 平均(181.3) 合計(301323)

(出典:平成28年 医師・歯科医師・薬剤師調査の概況・統計表14,15 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/16/dl/gaikyo.pdf【厚生労働省】を加工して作成)

 

 上記の表の傾向として1つ言えるのが、東京・神奈川・大阪などの首都圏などの方が、人口の少ない地方都市に比べてより人口10万人あたりの薬剤師数が多い傾向にあり、大きなトレンドとして「首都圏の方が薬剤師の絶対数が多いのはもちろんのこと、人口当たりの薬剤師の割合も高い傾向にある」ということが言えそうです。これは首都圏の方が生活インフラが整っていたりする点、求人の絶対数がそもそも多い点などから人口が集まりやすいということなのでしょう。「人口当たりの薬剤師の割合」だけで見るともちろん徳島や山口・香川など薬剤師の絶対数がそう多くないところも入っていますが、大きな傾向としては首都圏に薬剤師が集まりやすい傾向にあるということです。

 

 一方で特定の地方都市においては薬剤師の求人を出してもほとんど応募が無いという状況があります。これは特に薬科大学や薬学部をもつ大学が無い県で顕著に見られる傾向です。さらに地方都市の中でも僻地と呼ばれる人口が極端に少ないエリアではその傾向が強く、そのため調剤薬局や病院においては求職者を呼び寄せるために年収を釣り上げることも多くなっています。例えば、全国規模のチェーン薬局の場合、薬剤師過疎地である地方都市や町村における店舗の勤務においては、月に数万円ほどの地域手当が支払われることもあります。一例ですが以下は「薬キャリ」の求人検索で沖縄の薬剤師求人に56,000円の地域手当が支払われている事例です。

 

 

参考薬剤師の給料が地方の方が高い理由は?高い給料に魅せられて島へ移住した薬剤師もいる。

薬剤師の地方と都会の給料の差、地方の給料が高い理由は?

大学卒業後、2年ほど調剤薬局で正社員として働いたあと、1年ほど派遣社員で生計を立ててフラフラしている薬剤師です。今まで関西圏の都会で勤務していましたが、現在派遣会社を通して勤務している調剤薬局は時...

実際に田舎の薬剤師求人を検索してみた。年収や待遇は?

 

 上述の通り、田舎や僻地の薬剤師は不足傾向にあり、各調剤や医療機関などが条件をアップして募集していることが多いです。ここでは薬剤師転職サイトの公開求人の中で田舎の求人の一例をご紹介します。まずは以下のページで「全国の薬剤師の平均の数字」についてチェックしてください。これを基準に田舎の薬剤師求人の待遇について判断していきましょう。

 

参考薬剤師の平均年収は388,300円×12+778,600円=5,438,200円

薬剤師の年収平均(都道府県別ランキング・採用先別比較など)

 薬剤師は資格職ゆえに、雇用も安定していて年収が高めのイメージもありますが、このページでは厚労省などの公的なデータをもとに実際の薬剤師の平均年収(都道府県別ランキングや採用先別の比...

 たとえば薬剤師転職サイトの「ファルマスタッフ」で田舎・地方都市の薬剤師求人を見てみましょう。「田舎」「地方都市」の定義は様々ありますが、冒頭で紹介した都道府県の比較で薬剤師の絶対数自体が一番少ないのは1,134人で鳥取県です。鳥取は人口自体も少なく「田舎・地方都市」という印象も強いでしょう。鳥取での薬剤師の求人をまず検索してみます。

 

 

 鳥取県東伯郡というのは人口が約5万人程度の自治体です。人口流出が多く高齢化も進んでいるエリアです。この求人は年収750万円まで交渉が可能で、他にも研修会の費用補助が出たり転勤がなかったりとかなり好条件です。単純に全国の薬剤師の年収平均の5,438,200円から見ても200万円以上高くなっています。さらに鳥取県の家賃や物価なども考えるとかなり余裕のある生活ができそうです。

 

参考「鳥取は薬学部がないので薬剤師不足」という回答もある

調剤薬局の給料って地方と首都圏で変わりますか?

薬剤師として埼玉県で調剤薬局に勤務している29歳女性です。耳鼻科の門前で1日80枚程度の処方箋を応需しています。ちなみに私は管理薬剤師ではありません。大学卒業してからずっと耳鼻科の門前に勤務し...

 他にも求人を見てみます。沖縄県は先述の説明で、人口10万人あたりの薬剤師数が全国で一番低い地域ですので、薬剤師が不足している地方都市・僻地の一例として見てみましょう。沖縄の離島は石垣島や宮古島、久米島などが有名ですがそのあたりを検索してみます。

 

 

 例えば上記の求人ですと完全週休二日で住宅手当や赴任手当などもついて年収600万までの給与交渉が可能になっています。石垣島などは昨今観光でも人気ですがそれでも地方エリアということで年収を高めに設定しないと薬剤師が集まりにくい雰囲気が伝わってきます。もし薬剤師が島に余っていたら赴任手当などを支給してまで公募はかけないでしょう。年収600万であれば全国の薬剤師の平均年収よりも50万円以上高いことになります。ただ先ほどの鳥取県に比べて年収の数字が低いのは住むエリアとして鳥取と沖縄を比較した時に沖縄の方が需要が高いということなのかもしれません。

 

「Iターン」で田舎へ行く事例は多い

 

 このような背景のもと近年増加しているのは、東京や大阪などの都市圏出身の薬剤師が、給与の高い僻地や地方都市に出稼ぎに出るという、いわゆる「Iターン」の事例です。ただし、このIターンは都会生活に慣れている人にとっては結構大変です。電車が通ってなかったり、賃貸物件が職場の近所に無かったり、果てはスーパーやコンビニがないということもあります。つまり、給与は高くなるけれども、生活面の充実度が低下するという問題があります。

 

 逆に趣味を楽しむことを主目的としてIターンする人もいます。マリンスポーツや釣り、登山、農業など目的に合った場所がそれぞれ存在します。先述の石垣島の事例などはマリンスポーツなどを楽しみたかったり、暖かいところで暮らしたいような人にもいいのかもしれません。数年間地方で働き、多くのお金を稼いで貯蓄してから都市に戻る人もいますが、その地方に永住する人も比較的多いようです。

 

 実際に「Iターン希望の方向けの求人訴求」も多いです。再び薬剤師転職サイトの「ファルマスタッフ」でIターン向けの薬剤師求人を見てみると、これはもちろん薬剤師不足地域に都心の薬剤師を呼び寄せるような意図がありますので、好待遇になりがちです。下記は島根県出雲市の求人ですが最大で年収800万円まで交渉が可能で、Iターン・Uターン訴求を行っています。研修手当などもついておりかなり好条件に見受けられます。

 

 

  • 給与面を考慮したり田舎暮らしのきっかけにIターンする都会の薬剤師もいる。

 

参考Iターン転職も検討する薬剤師の相談

調剤薬局の給料って地方と首都圏で変わりますか?

薬剤師として埼玉県で調剤薬局に勤務している29歳女性です。耳鼻科の門前で1日80枚程度の処方箋を応需しています。ちなみに私は管理薬剤師ではありません。大学卒業してからずっと耳鼻科の門前に勤務し...

参考東京から熊本にIターンした人の回答

薬剤師のIターン転職についての相談

私は東京在住ですが、海が好きでいつかは海の近くに住みたいと考えていました。最近、結婚を約束していた彼女とも別れ、自分も会社の業績もあまりよくません。(某ジェネリック製薬会社勤務)上手くいかない...

田舎の薬剤師のと都会の薬剤師の比較

 

 ここでは田舎の薬剤師のと都会の薬剤師についていくつかの項目で比較をしてみます。

 

給与面の比較

 都会の薬剤師と比較すると田舎の薬剤師の方の給与が高い場合が多いです。これは既に説明した通り、都会の薬剤師は地方都市の薬剤師と比べるとやや飽和状態となっているためです。

 

 さらに田舎での話を深堀りすると、全国規模のチェーン薬局と個人経営の薬局であれば、個人経営の薬局の方に給与面では分があります。チェーン薬局はそのネームバリューのために、田舎であっても比較的求職者が集まりやすいためです。Iターンなどで年収の増加を狙うのであれば、個人経営の薬局が良いでしょう。病院薬剤師も同様で、田舎の規模の大きい病院よりは中小病院の方が比較的給与が高くなる傾向にあります。

 

参考地方へ転職して年収を上げようと考える薬剤師の相談。

都心の正社員薬剤師で、転職による給料アップは可能か?

薬剤師8年目です。新人の時から先輩薬剤師に給料を上げるには転職するよう教えられ、何回か転職をして年収を上げてきました。しかし今回の改定で勤続年数の縛りができて、なかなか転職をしても年収を上げてもらえな...

求人数・求人のバリエーションの比較

 薬剤師自体は田舎の方が不足していますが、もちろん求人の絶対数でみれば都会の方が薬剤師の求人は多くあります。

 

 最近の調剤薬局やドラッグストアにおいては、私鉄や地下鉄の駅の構内に出店したり、コンビニと一体化した店舗作りを行うなど、以前には見られなかった積極的で工夫された店舗運営が見られます。そういった新種の店舗も含めて、常に調剤薬局やドラッグストアにおいては一定数の求人が見られます。一方、病院数は頭打ちのため、病院薬剤師の求人は貴重であり倍率も高くなります。そのため、病院薬剤師の場合は書類審査と面接といった一般的な就職試験だけでなく、専門分野の試験を課すところが多くなっています。薬物治療や医薬品情報、病態生理学などに十分な知識が無い薬剤師は不利です。

 

 都会の薬剤師の求人は職種のバリエーションが豊富であるということがやはりメリットとして挙げられます。例えば病院においては、様々な診療科のある大規模な総合病院も都会には多いです。都会の大病院で病院薬剤師となった場合には、治験に携わることもあります。治験は地方の薬剤師ではあまり関わることがありません。CRCやCRAなどの治験関連職においても、地方よりも都会の方に求人が多くなります。また、製薬企業の学術職の求人も都内や大阪に多く、地方都市ではほとんどありません。そういった意味では、数年ごとに転職してスキルアップを図りたい薬剤師にとっては、都会は非常に良い環境です。

 

生活のしやすさの比較

 やはり、都会で働くことのメリットは様々な面で充実しており、「住みやすい」ということでしょう。ショッピングやグルメ、娯楽施設など、地方には無い楽しみがたくさんあります。

 

また、勤務場所という面でもメリットが多くなります。田舎とは異なり、地下鉄や電車の駅から近い求人も多数ありますし、大規模商業施設内に調剤薬局やドラッグストアを構えていることもあります。

 

参考一方で地方から東京へ行くと車の運転が不安という相談も

地方で働く薬剤師。都心部への転職を考えているが車の運転が不安。

地方の調剤薬局で薬剤師として働いています。私の都合なのですが、都心部(東京周辺)に出て薬剤師をしようと思っています。今は毎日、勤務先までは自家用車で通っているのですが、都心というと運転が難しい...

働きやすさの比較

 田舎(薬剤師過疎地)で勤務するということは、代わりとなる薬剤師が少ないということです。これは都心部だと在籍する薬剤師が多いケースもあり代わりがきくこともあります。

 

 地方都市などで個人経営の薬局や小規模病院で勤務する場合は、在籍する薬剤師が少ないケースだと週休1日または1.5日など休みも少ない傾向にあり、有給休暇も取りにくいということは頭に入れておきましょう。

 

<※田舎の薬剤師に応募する時の確認事項>

 

 地方都市または町村のような田舎で薬剤師の求人を探す場合に、確認すべき項目がいくつかあります。

 

 1つ目に医師の関係性です。都会と比較して地方では医師の権力が強いため、調剤薬局と言えどもほとんど従属関係となっている場合があります。そのような職場では、本来の薬剤師業務もままなりません。2つ目に言葉の壁です。生まれ育った地方の言葉ならまだしも、全く関係ない土地に移住する場合にその地方の訛りを理解できなくては服薬指導の時に非常に困ります。もちろん生活にも支障が生じます。3つ目にその土地柄を確認しておく必要があるということです。田舎は関係性が閉鎖的である場合が多いので、せっかく移住してもその土地に馴染めずに出戻りとなるかもしれません。

 

 いずれにしても、Iターンを検討しているのであれば、通常の転職以上に下準備が必要です。転職サイトを利用するのであれば、十分にキャリアコンサルタントと相談して、職場のことに加えてその土地の風土や言葉についてもよく検討した上で移住しましょう。

 

 

参考田舎への薬剤師転職を無料でプロに相談しよう

薬剤師転職サイトランキング【2018年度版】

 薬剤師の転職は「売り手市場」が続いています。それに伴い、薬局・ドラッグストア・病院・医薬品関係企業など様々な業界で多くの薬剤師の募集が出ています。このような雇用先に就職するにはど...

本記事は2018/07/03の情報で、内容は薬剤師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

薬剤師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界の大手「リクルートグループ」運営!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

  2. 知名度抜群の「日本調剤グループ(上場企業)」が運営!リクナビ薬剤師と併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!薬剤師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

ページ上部へ移動する